映画『雪の華』興行収入10億円突破記念!未公開シーン映像付きポストカード配布決定 | RBB TODAY

映画『雪の華』興行収入10億円突破記念!未公開シーン映像付きポストカード配布決定

映画『雪の華』の観客動員数80万人を突破し、興行収入が10億円を超えたことを記念して3月1日からポストカードの入場者特典の配布が全国の劇場(一部劇場を除く)で行われることが決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (c)2019映画「雪の華」製作委員会
  • (c)2019映画「雪の華」製作委員会
 奇跡の赤いオーロラを見たい一心でフィンランドを訪れる、余命一年の美雪(中条あやみ)と100万円で1ヵ月限定の恋人になった悠輔(登坂広臣)の旅を描く映画『雪の華』。公開から1ヵ月がたってもその人気は衰えず、2月27日時点でついに観客動員数80万人を超え興行収入が10億円を突破。このヒットを記念して、3月1日からポストカードの入場者特典の配布が全国の劇場(一部劇場を除く)で行われることが決定した。


 入場者特典は、登坂演じる悠輔のカッコ良すぎる秘蔵ビジュアルが使用されたポストカード。登坂の誕生日の3月12日0時から3月31日の期間限定でこのポストカードの裏面にある「QRコード」を読み込むと、劇場公開中では異例となる本編未公開シーンを収めたスペシャル映像を見ることができるというもの。映像は、悠輔と美雪ふたりの距離がぐっと近づくシーンや、悠輔が今まで見せることのなかった涙を初めて見せるシーンなど必見の映像となっている。

 この映像を自らが編集した橋本光二郎監督は、「多くの方に『雪の華』をご覧頂けて、本当に嬉しく思います。この大ヒットを受けて、どうしても断腸の思いでカットせざる得なかった私自身が好きなシーンをセレクトさせて頂きました。きっと悠輔と美雪のふたりの関係を、より深く感じていただけることと思います」とコメントを寄せた。

 なお、ポストカードはなくなり次第配布終了。配布劇場は、映画公式サイトで確認できる。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top