ASKA、復帰から薬物、仲間への思いを語りつくす | RBB TODAY

ASKA、復帰から薬物、仲間への思いを語りつくす

エンタメ その他
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 1月17日よる9時から放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)では、再始動したASKAに、坂上忍が直撃する。


 2014年5月に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され活動を自粛、執行猶予期間が明けた2018年に活動を本格的に再開させたASKA。番組では、坂上が直撃インタビューを敢行するほか、ASKAの5年ぶりのソロコンサートにも密着。その舞台裏の様子なども取材する。

 コンサートでは、執行猶予中に発表した「FUKUOKA」、ソロの代表曲「はじまりはいつも雨」の他にも、「PRIDE」、「YAH YAH YAH」、「SAY YES」といったCHAGE and ASKAの代表曲も披露。「SAY YES」を披露する前のMCで、この曲が主題歌として使用され大ヒットした『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系/1991年7月クール)に出演していた武田鉄矢のモノマネを披露するASKA。密着パートでは、そんなASKAの意外な素顔はもちろん、リハーサルの模様も伝えられる。

 インタビューでは、ASKAとおよそ1年ぶりの再会を果たしたという坂上が、逮捕から復帰までの空白の4年間に迫る。ASKAが覚せい剤に手を染めた時、何を思ったのか。坂上は「ASKAさんは、もうクスリやってないですよね?」という直球の質問をぶつけていく。また、逮捕後、一度は引退を考え、記者会見の準備までしていたというASKA。彼に引退を思いとどまらせ、活動再開に向かわせたものとは何だったのか!?そして、坂が今回のインタビューで一番聞きたかったという「クスリをやめられる人とやめられない人の差」について、ASKAは何を語るのか。

 『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)は、1月17日よる9時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top