【NHK紅白歌合戦】King&Prince、平野紫耀「観ている女性をツヤツヤにしたい!」 | RBB TODAY

【NHK紅白歌合戦】King&Prince、平野紫耀「観ている女性をツヤツヤにしたい!」

King&Princeが29日、都内で行われた「第69回NHK紅白歌合戦」リハーサルに参加し、その後の囲み取材に応じた。

エンタメ 音楽
King&Prince【写真:錦怜那】
  • King&Prince【写真:錦怜那】
King&Princeが29日、都内で行われた「第69回NHK紅白歌合戦」リハーサルに参加し、その後の囲み取材に応じた。

デビューの年に初出場を果たすキンプリ。平野紫耀は「先輩のバックダンサーで出させてもらっていましたが、リハーサルからの参加はなかったので、大人の方(マスコミ、関係者)が多いですね」と独特の雰囲気に戸惑いを見せながら、「デビューして1年も経たないで出させてもらえる状況は光栄です。感謝しています」と笑顔。そして、「みなさんに恩返しできるパフォーマンスをして、観ている女性をツヤツヤにしたいと思います!」と意気込んだ。

神宮寺勇太は、「(フォトセッション時のお立ち台までの)レッドカーペットや、(会場の)NHK(ホール)に入ったところも赤を意識されていて、この靴(スニーカー)で大丈夫かな?と緊張しました」とおどけて笑いを誘った。

今年の一文字を尋ねられると、平野は「懐。いろんな仕事で、いろんな人の懐から泥棒のようにいろんなものを盗んできました」と紹介。しかし、「自分の懐はまだあっきあき。ギガ数でいうと1ギガもならないくらスカスカ」だとか。とりわけ、「(明石家)さんまさんはすごい。会話を楽しんでらっしゃる」とそのしゃべりに感動していた。

高橋海人は「華。華やかにデビューさせてもらって、いろんな関係者に花を持たせてもらって、煌びやかで充実していたので」としみじみ。「デビュー1年目で年末までこんなにパンパンに仕事があってうれしい。どんどんください」と貪欲な姿勢を見せる永瀬廉は、「人。デビューしてたくさんの人に出会い、支えてもらったので」と語った。

パニック障害の治療のために一定期間の休養に入ることを発表した岩橋玄樹について、岸優太は「定期的に連絡は取っています。早く復帰したい思いが強いですが、焦らずゆっくり待って、彼が納得できるようにお休みができたら帰ってきてほしいです。彼の思いを背負っているので、すべての経験を紅白にぶつけたいです」と力を込めた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top