たけし、今年の『M-1』を回顧 賞レースの審査員をしない理由も言及 | RBB TODAY

たけし、今年の『M-1』を回顧 賞レースの審査員をしない理由も言及

ビートたけしが、26日放送の『チマタの噺SP』(テレビ東京系)に出演。今年の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)を振り返った。さらには賞レースの審査員をしない理由にも触れた。

エンタメ その他
ビートたけし【編集部】
  • ビートたけし【編集部】
 ビートたけしが、26日放送の『チマタの噺SP』(テレビ東京系)に出演。今年の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)を振り返った。さらには賞レースの審査員をしない理由にも触れた。


 たけしは、今年優勝した霜降り明星と、3年連続準優勝の和牛の漫才について「上手いなぁと思って」と完成度の高さを称賛。ただ笑福亭鶴瓶が「おもろいレベルが上がった」と言うと、たけしは「良いのが全部揃っちゃったから飽きるよね。飛び抜けない」と指摘した。

 また最近の漫才は登場するなりすぐネタに入ってしまうとし、「味がないんだよね。ネタだけのあれ(やり取り)になっちゃってるから」とも。

 さらにたけしは中川家やサンドウィッチマン、博多華丸大吉、ナイツといった面々を「老舗のどら焼き屋とか餅屋という感じ」と述べたのに対し、霜降りや和牛は「こっちはなんか、当たってる(人気の)ケーキ屋さんて感じがする」と表現した。

 鶴瓶から「審査員やってないんですか?」と聞かれると、たけしは「やんない。だってオイラより上手いんだんもん。俺より上手い奴、審査できない」と話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top