薬丸裕英、シブがき隊の解散はダウンタウンが原因? | RBB TODAY

薬丸裕英、シブがき隊の解散はダウンタウンが原因?

薬丸裕英が、14日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。シブがき隊とダウンタウンとの思わぬ“関係”について言及した。

エンタメ その他
 薬丸裕英が、14日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。シブがき隊とダウンタウンとの思わぬ“関係”について言及した。


 80年代人気を誇ったシブがき隊だったが、デビュー6年で解散(1988年)。薬丸によれば、当時チェッカーズや吉川晃司や少年隊などが出現し、彼らにファンを取られたと語った。ただ、メンバーの本木雅弘と布川敏和はそんなライバルと仲良く遊んでいたため、薬丸はそれが不満だったという。

 続けて、薬丸はダウンタウンに「お2人も、結構我々には影響しているんです」と指摘。シブがき隊とダウンタウンは82年の同期デビューなのだが、シブがき隊が活動3年目の頃、大阪でのコンサート会場で、それまでは常に満員だったのに2階席の後ろに空きが見られたという。

 薬丸が「今日どうして満席じゃないの?」とスタッフに聞くと、「今日はダウンタウンのライブがある」と言われたそう。そこで薬丸は「シブがき隊が解散に追いやられたのは、チェッカーズ、吉川晃司、少年隊、ダウンタウン」と結論づけていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top