吉川愛、加藤小夏、黒崎レイナが女子高生役ーー深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』新キャスト | RBB TODAY

吉川愛、加藤小夏、黒崎レイナが女子高生役ーー深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』新キャスト

2019年1月スタートのTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で、女子高校生役として出演するキャストの面々が発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)TBS
  • (c)TBS
 2019年1月スタートのTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で、女子高校生役として出演するキャストの面々が発表された。


 同ドラマの原作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディだ。主人公の残念なアラサー女子・春見順子を深田恭子が演じ、順子にアプローチするタイプ違いの3人の男性役には永山絢斗、横浜流星、中村倫也が決定している。

 このほど、深田演じる三流予備校講師・順子や横浜演じるピンク髪の不良高校生・匡平らと関わることになる女子高校生キャストが決定。合コンで出会った匡平を好きになり、匡平を追いかけて順子が働く予備校へ通うようになった“エトミカ”こと江藤美香役は吉川愛。美香の友人・今井桃役は、今作が地上波連続ドラマ初出演となる加藤小夏。同じく美香の友人・田島さくら役は、これまで雑誌「ニコラ」や「Seventeen」で専属モデルを務め、現在、火曜ドラマ『中学聖日記』にも出演した黒崎レイナが決定した。

 先日発表された男子高校生役のキャストと共に、超鈍感アラサー女子の順子にどんな刺激を与えるのか!?に注目だ。出演が決まった吉川は、「原作を読ませて頂いて、ラブコメですごく可愛くて面白い作品だなとまず思いました。エトミカは原作の中でもドラマの中でも一途で可愛いけど芯は強い女の子です。演じられることが本当に うれしかったです。エトミカの良さをたくさん出して、女性の皆さんにも共感してもらえるように頑張ります」と意気込み。

 加藤は、「『君は坂道の途中で』など小学生の頃から持田あき先生の作品を読ませていただいていました。もちろん「初めて恋をした日に読む話」も読んでいたので、桃役として関わらせていただけることがとても感慨深いです。2019年が早くも楽しみな年になりました!」とコメントしているほか、黒崎は「持田あき先生の作品に携わることができ、とてもうれしいです! 精一杯楽しくフレッシュでキラキラな女の子を演じさせていただきます。放送までお楽しみに!」と呼び掛けた。
《KT》

関連ニュース

page top