松本明子、バラエティ転向の恩人は中山秀征「『おいでよ』と言ってくれた」 | RBB TODAY

松本明子、バラエティ転向の恩人は中山秀征「『おいでよ』と言ってくれた」

松本明子が、18日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。アイドルからバラエティに転向した経緯を語った。

エンタメ その他
(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 松本明子が、18日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。アイドルからバラエティに転向した経緯を語った。


 1983年、オーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)をキッカケにデビューした松本。だがなかなか人気が出ずに低迷。「アイドル水泳大会」でも、82年アイドルが競技をする中、ワイプの中で歌うだけだったとし、「本当につらかった」と回顧した。

 さらに1984年、ラジオの生放送中に放送禁止用語を言ったことから謹慎生活に。するとその後、同じ寮に住んでいたアイドルから敬遠され、「松本さんとは同じ湯船に入るのがイヤだ」と女湯から追い出されてしまったという。

 仕方なく男湯に入っていると、そこに偶然やってきたのが中山秀征。「なんでいるの?」と言われたが、結局2人一緒に入っていたのだとか。さらには「20歳ぐらいのとき、『もう歌手班じゃなくてバラエティ班においでよ』って言ってくれたのもヒデちゃん」と振り返り感謝。同じくゲストで来ていた布川敏和に「でも良かったじゃん、バラエティの方へ行って」と、その転身での成功を喜んでいた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top