大迫傑、まさかの本音吐露「マラソンは体に毒」「退屈」 | RBB TODAY

大迫傑、まさかの本音吐露「マラソンは体に毒」「退屈」

マラソ選手の大迫傑が、16日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。マラソンへの意外な本音を語った。

エンタメ その他
 マラソ選手の大迫傑が、16日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。マラソンへの意外な本音を語った。


 大迫は先月10月のシカゴマラソンで3位に入り、2時間5分50秒の日本新記録を更新し、日本実業団陸上競技連合から報奨金1億円を手にした。この報奨金について彼は「(走る)モチベーションにもなった」と語りながらも、「他のスポーツを見たりとか、いろんな世界見てると、こんだけ半年間頑張って……」と、金額にやや不満。

 松本人志が「(走るペースとして)半年に1回を破ると体がボロボロになる?と質問すると、大迫は「マラソンって、結構、体に毒なんで……」と言及。坂上忍は「体に毒?」、鈴木紗理奈も「健康にいいんじゃないですか!?」と驚き。

 大迫はその発言の真意について「1回走るだけでも凄いダメージ」と語り、翌日「足に全部きて、内臓もきて、しばらくご飯食べられなくて……」と実態を解説。「なんでやってるんですかね……」と思わず心の声が。

 また大迫はマラソン中、「他の人と同じように退屈なんですよ」とも。坂上忍から「楽しいこととかないんですか?」と聞かれると、「楽しいことはあんまり……」と答えていた。

 走っている時は「この間観た映画」のことなどを考えているという大迫。そして、映画のラストについて「なんでこんな終わり方したんだろう?」と疑問に感じながら走っていると語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top