「南座」開場式に総勢100名の歌舞伎俳優!集まった1.5万人の観客と新開場を祝う | RBB TODAY

「南座」開場式に総勢100名の歌舞伎俳優!集まった1.5万人の観客と新開場を祝う

10月27日、400年を超える歴史と伝統をもつ南座の新開場を記念する「開場式」が開催され、総勢100名の歌舞伎俳優が舞台上に登壇した。

エンタメ その他
(C)松竹
  • (C)松竹
  • (C)松竹
  • (C)松竹
  • (C)松竹
  • (C)松竹
  • (C)松竹
  • (C)松竹
 10月27日、400年を超える歴史と伝統をもつ南座の新開場を記念する「開場式」が開催され、総勢100名の歌舞伎俳優が舞台上に登壇した。

}}}  坂田藤十郎は「これからも南座が幾久しく栄え、京の伝統文化として、また我が国が世界に誇る劇場として、愛され続けることを願ってやみません」と強い気持ちを述べると、それに応えるかのように、場内からは大きな拍手が。結びに、歌舞伎俳優と客席一体となって手締めが行われ、新開場する南座の門出が祝われた。 続いて、場所を南座正面の四条通に移し、歌舞伎俳優他、総勢約150名による「南座新開場祇園お練り」が開催。歌舞伎俳優だけでも総勢69名と、5年前の歌舞伎座新開場の際のパレードの参加人数を超えており、歌舞伎発祥の地・京都のイベントとしてふさわしく、豪華で華やかな顔ぶれが勢揃いした。 時蔵、雀右衛門、又五郎を先頭とした69名の歌舞伎俳優は、沿道のファンやビルの中から手を振る人々に、にこやかな笑顔で対応。今年、親子三代での襲名を果たした松本幸四郎はこの世紀のお練りに参加した感想について、「ものすごい人の数で驚きました。参加した歌舞伎俳優の数もそうですが、こんなお練りは初めてです」と興奮した様子で語り、「11月に襲名公演をこの南座でやらせていただくのですが、新しく生まれ変わったこの南座の最初の1ページを刻むと考えると責任を感じます」と話し、「やっと灯った南座の火を消さないように精一杯頑張りたいです」と意気込んだ。 また、この日の南座開場式に出席し、南座のステージに初めて立った市川染五郎は、「今日、初めて南座の舞台に立たせていただいて、お客様との距離が近いと感じました。11月からの襲名公演ではお客様と一体感のある芝居をしたいです」とコメント。また、今後の目標について聞かれた松本幸四郎は「新しいことに挑戦していきたいです。心身ともに鍛えて歌舞伎の可能性を広げるべく、チャレンジしていきたいです」と話し、息子の市川染五郎について「“お芝居をする”歌舞伎役者になってもらいたい。相手の役者さんと芝居で会話ができる歌舞伎役者になってもらいたいです」と嬉しそうに語った。集まった約15000人の観客とともに、俳優たちもこの"世紀のお練り"を楽しみながら、ゆっくり四条通を練り歩き、熱気冷めやらぬうちにお練りは終了した。
《KT》

関連ニュース

page top