ドラマ『下町ロケット』新シリーズが今夜スタート! | RBB TODAY

ドラマ『下町ロケット』新シリーズが今夜スタート!

今夜(10月14日)9時からは、TBS系ドラマ『下町ロケット』がスタートする。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 今夜(10月14日)9時からは、TBS系ドラマ『下町ロケット』がスタートする。


 同ドラマは、2015年の10月期に放送されたドラマ『下町ロケット』の新シリーズ。主人公の佃航平を演じるのは、前シリーズに引き続き阿部寛。ヒロインである佃航平の娘・佃利菜役には土屋太鳳、そのほか、立花洋介役の竹内涼真、山崎光彦役の安田顕、殿村直弘役の立川談春をはじめとした佃製作所のメンバーや、財前道生役の吉川晃司、藤間秀樹役の杉良太郎といった帝国重工の面々など、前シリーズを盛り上げた多くの出演者が新シリーズでも引き続き演じることが発表されている。

 元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国 重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが、ある日試練が襲う。

 帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれないと財前(吉川晃司)から告げられショックを受ける佃。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や“ロケット品質”を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。

 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた瞬間だった。

 前シリーズから3年。TBS系ドラマ『下町ロケット』新シリーズは、今夜9時からスタート。
《KT》

関連ニュース

page top