映画『銀魂2』の興行収入が35億円を突破!2018年公開の邦画実写作品で3位に | RBB TODAY

映画『銀魂2』の興行収入が35億円を突破!2018年公開の邦画実写作品で3位に

エンタメ 映画・ドラマ
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
  • (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の興行収入が、10月1日時点で35億円を超え、シリーズ累計動員数560万人を突破した。


 物語の原作は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されており、累計発行部数が5,500万部以上を誇る「銀魂」(原作:空知英秋)。続編となる今作でも、主演は小栗旬が務めており、人気の高い「真選組動乱篇」が描かれている。

 公開初日は平日にも関わらず、興行収入は279,910,100円、動員数215,903人で、昨年公開された前作『銀魂』の初日興行収入対比159%を記録するなどロケットスタートとなったが、その後も勢いは継続。5週連続でトップ5にランクインを果たし、10月1日時点で1作目と同等推移となる興行収入3,506,345,800円、動員数2,692,281人に到達した。これは、2018年公開の邦画実写作品としては、『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『万引き家族』に次ぐ3位の好記録となる。

 原作漫画「銀魂」は、約15年にわたる『週刊少年ジャンプ』での歴史には幕を閉じたが、まさかの『ジャンプGIGA』で最終回のむこう側シリーズ掲載が発表されるなど、今後も「銀魂」人気は続きそうな様子。映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、現在公開中。
《KT》

関連ニュース

page top