りゅうちぇる、少年時代の“芸名”明かす「テュージーベスタローン」 | RBB TODAY

りゅうちぇる、少年時代の“芸名”明かす「テュージーベスタローン」

エンタメ その他
りゅうちぇる【写真:竹内みちまろ】
  • りゅうちぇる【写真:竹内みちまろ】
 りゅうちぇるが、29日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に出演。少年時代に自ら名乗っていた“芸名”を明かした。


 彼は幼い頃から「いつかテレビに出られるんだろうな」「大スターになっちゃうんだろうな」と思っていたという。

 さらにはアメリカなどの海外で活躍する夢を持っていたそうで、小学校6年生の時には憧れのハリウッド俳優シルベスター・スタローンにちなんで、「テュージーベスタローン」と名乗り、登校していたそう。由来については語ることはなかったが、本名である比嘉龍二(ひが・りゅうじ)にわずかだが似ている。

 彼はその名前で、芸能人が書くような崩し字のサインも考案。さらにはテストの氏名記入欄にも「テュージーベスタローン」と書いていたと明かし、「りゅうちぇるの前に若干テュージーベスタローンの時代があったんです」と笑いを誘った。

 だが中学進学後、「テストで、“テュージーベスタローン”って書いたら、(先生に)マジでガチで怒られるみたいな……」と振り返り、人に合わせることを学んだと振り返っていた。

 彼は、小学校時代から髪の毛にワックスをしてセットし、着ていく服のコーディネートも自ら考えていたそうで、「毎日がファッションショーだった」と回顧。だが中学から制服になると、そうした「みんなと一緒」の環境になじめず悩んでいたと話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top