上智大学のSPH mellmuseが女子大生アイドルコピーダンスグループ日本一に【UNIDOL2018 夏の陣】 | RBB TODAY

上智大学のSPH mellmuseが女子大生アイドルコピーダンスグループ日本一に【UNIDOL2018 夏の陣】

女子大生によるアイドルコピーダンスグループ日本一を決定する「UNIDOL2018 夏の陣」が23日、都内にて開催され、上智大学のSPH mellmuseが通算2回目となる優勝を飾った。

エンタメ その他
上智大学SPH mellmuse【写真:竹内みちまろ】
  • 上智大学SPH mellmuse【写真:竹内みちまろ】
  • 上智大学SPH mellmuse【写真:竹内みちまろ】
  • 上智大学SPH mellmuse【写真:竹内みちまろ】
  • 上智大学SPH mellmuse【写真:竹内みちまろ】
 女子大生によるアイドルコピーダンスグループ日本一を決定する「UNIDOL2018 夏の陣」が23日、都内にて開催され、上智大学のSPH mellmuseが通算2回目となる優勝を飾った。

 今回で12回目を迎えるUNIDOL(ユニドル)は、年々、規模を拡大しており、昨年の年間総動員数は2.3万人を記録したという。今年は、全国5大都市で予選を行い、70大学79チームが出場。当日は、予選を勝ち抜いた14チームと敗者復活戦から勝ち上がったチームらの合計17チームが決勝戦のステージでパフォーマンスを披露した。

 ステージ上で名前を呼ばれたSPH mellmuseのメンバーたちは、マイクを持つと、今回は2年生と1年生のみで出場したことを告げ、不安もあったと明かした。しかし、本番のステージから客席を見渡した際、サイリウムと観客の笑顔が見え、「絶対に優勝できるなと思いました」と振り返った。

 また、イベントでは、次回大会となるUNIDOLの冬大会の開催が発表された。UNIDOLではまだ、夏と冬の大会を連覇したチームは存在しない。また、今回の夏大会が平成最後の夏の大会だったことを受け、SPH mellmuseのさりぃさん(2年生)は、「平成最後の夏に優勝できたので、平成最後の冬の大会も優勝して、連覇したいです」と笑顔を弾けさせた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top