神木隆之介や葵わかななどが登場!『ほん怖―夏の特別編2018―』が今夜放送 | RBB TODAY

神木隆之介や葵わかななどが登場!『ほん怖―夏の特別編2018―』が今夜放送

1999年から放送されているオムニバス形式の実録心霊ドラマ『ほんとにあった怖い話』。今回も、日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現していく。『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』は8月18日21時から放送開始。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 1999年から放送されているオムニバス形式の実録心霊ドラマ『ほんとにあった怖い話』。今回も、日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現していく。『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』は8月18日21時から放送開始。


●「見えない澱」
https://www.rbbtoday.com/article/2018/07/24/162253.html

(c)フジテレビ

 「見えない澱」には2004年以来、約14年ぶりとなる神木隆之介が出演。入社3年目の不動産会社に勤める佐々木裕介。ある日、裕介の大学時代の同級生・井口真梨恵(内田理央)が訪ねてきて、駒田和哉(岡山天音)と一緒に住む物件を探して欲しいという。和哉の条件に見合う物件がなかなか見つからず、和哉は裕介に事故物件の紹介を依頼する。その部屋は、以前クローゼットの中で男が首を吊っていたのだった。数ヶ月たったある日、真梨恵はやつれていて、和哉の様子に異変を感じていた……。

●「姿見」
https://www.rbbtoday.com/article/2018/08/08/162627.html

(c)フジテレビ

 「姿見」では葵わかなが『ほん怖』初出演にして初主演を担当。葵はファミリーレストランで働くアルバイト店員の役で、アルバイト先で仲良くなった同僚から姿見をプレゼントされ部屋に置いていたところ、ある夜、異変が起きる……。

●「果てからの念波」
https://www.rbbtoday.com/article/2018/08/15/162804.html

(c)フジテレビ

 「果てからの念波」は北村一輝が『ほん怖』初主演を務め、話題の映画『カメラを止めるな!』から濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚が映画と同じ家族設定のまま出演することでも話題となっている。リサイクルショップで購入したラジオから、不気味なうめき声が聞こえてくるが、実はその声は数年前に亡くなった以前のラジオの持ち主だった……という不思議なストーリー。

●「毟り取られた居場所」
https://www.rbbtoday.com/article/2018/08/16/162835.html

(c)フジテレビ

 「毟り取られた居場所」は『ほん怖』2回目の出演となる菜々緒が初主演を担当。菜々緒が演じる看護師は、黒竹の鉢植えを大切にしている入院患者に、病院内への持ち込みが禁止されているため手放すよう説得をするが、次第に自分がその黒竹に魅せられていってしまうなんとも怪しげな役どころを演じる。

●「ナニワ心霊道」

 「ナニワ心霊道」ではお笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこがドラマ初出演にして初主演を担当。相方のまひるも出演する。よしこが、まだ芸人としての仕事がなくスナックでアルバイトをしていた時の出来事。常連客が連れてきた柴崎雄二と、千佳ママ(余貴美子)の薦めもあって、よしこは連絡先を交換した。数日後、柴崎からよしこに「明日、ひま?」とのメールが届く。デートの誘いかと思ったよしこだったが、翌日連れて行かれたのは、柴崎の父親の部屋だった。この間亡くなったため、遺品整理を手伝って欲しいという。一生懸命働くよしこに、柴崎が父の形見の黒い数珠をプレゼントする。男性からの初めてのプレゼントに喜ぶよしこだったが、それ以来、よしこが相方のまひると同居する部屋で、おかしな事が頻繁に起こるようになるのだった……。

●「迷い道に憑く女」

 「迷い道に憑く女」では平祐奈が初主演で出演。引っ越したばかりの慣れない田舎で山道に迷い込んでしまった女子高校生の恐怖体験が描かれる。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top