梅沢富美男、15年間落選し続けた青山墓地に当選! | RBB TODAY

梅沢富美男、15年間落選し続けた青山墓地に当選!

梅沢富美男が、15日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)で、15年間落選し続けた青山霊園にようやく当選したことを明かした。

エンタメ その他
梅沢富美男【撮影:竹内みちまろ】
  • 梅沢富美男【撮影:竹内みちまろ】
  • 吉村崇【写真:竹内みちまろ】
 梅沢富美男が、15日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)で、15年間落選し続けた青山霊園にようやく当選したことを明かした。


 番組ではデヴィ夫人の終活を紹介。見積金額1,200万円という愛犬たちと一緒に入るデザイン性の高い墓石や、絵画や美術品など好きなものに囲まれて過ごせる“終の棲家”探しに密着した。

 ここで梅沢が自身の終活について言及。「ようやく私もね、今年、青山墓地が当たりまして」と語り、これまで15年もの間「ずーっと、抽選で落ちてたんですよ」としみじみ。

 東京・青山にある都立「青山霊園」はブランド墓地として有名。住田裕子弁護士が、「あそこの倍率すごいですもんね。ましてや今、どんどん人気が上がってますから」と話す通り、平成29年の募集数50に対して受付数728。倍率14,6倍という狭き門だ。

 そんな人気の霊園に「やっと当たりまして」と安堵の表情を浮かべた梅沢に、吉村はすかさず、「すぐ(お墓に)入れますね!いやあ良かった、良かった」と喜び、「ねー!」と共演者に同意を求めた。

 吉村の言葉に梅沢は、「まだ入る気はないよ!」と抵抗。応募していた理由として彼は、妻から、梅沢自身が末っ子であることからお墓を持ったほうが良いと薦められたと話した。吉村が墓地使用料に関して「相当高いですよ」と指摘すると、梅沢は「高かったですよ」とは言ったものの、値段を聞かれると「私は知らないんだけど…」と返答。進行役の阿部哲子から、番組タイトルにかけて「ズバッと言ってください」と促されると、「じゃあ今日帰って母ちゃんに聞いて、次回の放送の時に言いますよ!」と約束していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top