葵わかな、初めて聞いた“生”ウグイスの声に感動! | RBB TODAY

葵わかな、初めて聞いた“生”ウグイスの声に感動!

エンタメ その他
葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 佐野勇斗【錦怜那】
  • 葵わかな【錦怜那】
  • 葵わかな、佐野勇斗【錦怜那】
  • 佐野勇斗【錦怜那】
  • 葵わかな、佐野勇斗【錦怜那】
  • 葵わかな、佐野勇斗【錦怜那】
 女優の葵わかなと俳優の佐野勇斗が25日、都内で行われた「読者が選ぶ・講談社広告賞2018/講談社デジタル広告大賞 感謝の会」内のミニトークショーに登場した。

 南波あつこの人気コミックをもとに、夏休みを田舎で過ごすことになった都会の女子高生・理緒(葵わかな)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵(佐野勇斗)との、夏休みだけの期間限定の恋を描いた恋愛映画『青夏 きみに恋した30日』(8月1日より全国公開)でダブル主演を務める葵と佐野。

 少女漫画の実写化作品に初めて携わった葵は、「もともとあるキャラクターを演じることに不安があって難しくもあったけど、普段から漫画は読むし、そのヒロインになれることは憧れだったので、出演できてうれしかったです」とにっこり。

 撮影は自然豊かな三重県で行われ、葵は「わたしは神奈川出身で、昔ながらの日本の田舎の風景に触れたことがなかった」と明かしつつ、「春の撮影でウグイスがたくさん鳴いているんですよ。今までCDとかデジタル的なものでしか聞いたことがなく、生でこんなにたくさんのウグイスの声を聞くとは思わなくて新鮮でした」と声を弾ませた。

 川に飛び込む印象的なシーンについては、「怖かったですし、無事に終わってよかったと思います」と安堵の表情。とはいえ、「高校2年生のときに、理緒と同じように川に遊びに行って、岩から飛び込んだことがありました」と思い出してはにかむ場面も。一方の佐野は高所恐怖症だそうで、「吟蔵がクールで怖がらない役なので真顔で飛び込んだけど、心の中では死ぬほど怖かったです」と本音を漏らした。

 自身の夏の思い出を尋ねられると、葵は「高校3年生の受験のときは毎日学校に行って、先生や友達と話しなが勉強したことが思い出に残っています」と回顧。佐野は「高校1年生の時にニュージーランドにホームステイしたことが楽しかったです」と笑顔を見せていた。
《錦怜那》

関連ニュース

特集

page top