斎藤工、2018年上半期で最もCM放送回数が多かった男性タレントに | RBB TODAY

斎藤工、2018年上半期で最もCM放送回数が多かった男性タレントに

エム・データは、2018年1月1日~6月30日に東京地区地上波キー局で放送されたテレビCMに出演・登場した人物を対象としたランキング「2018年上半期TV-CMタレントランキング」を発表した。

エンタメ その他
斎藤工【撮影:小宮山あきの】
  • 斎藤工【撮影:小宮山あきの】
  • 斎藤工、2018年上半期で最もCM放送回数が多かった男性タレントに
  • 斎藤工、2018年上半期で最もCM放送回数が多かった男性タレントに
 エム・データは、2018年1月1日~6月30日に東京地区地上波キー局で放送されたテレビCMに出演・登場した人物を対象としたランキング「2018年上半期TV-CMタレントランキング」を発表した。

 同ランキングの放送回数部門で、男性1位に輝いたのは7,869回(122,415秒)の俳優・斎藤工。斎藤は今年上半期、PUBG、ワイモバイル、インディード、コーワ、ユーキャン、ヒノキヤグループ、宝酒造の計7社のCMに出演した。

 斎藤に続くのは、ドラマや映画などで活躍中の竹内涼真、濱田岳。そのほか、4位 菅田将暉、5位 出川哲朗、12位 千鳥・ノブ、17位 ダウンタウン・松本人志などがランクインを果たしている。


◆2018年 上半期 TV-CM 放送回数ランキング(男性)
1位 斎藤工
2位 竹内涼真
3位 濱田岳
4位 菅田将暉
5位 出川哲朗
6位 桐谷健太
7位 松田翔太
8位 西島秀俊
9位 綾野剛
10位 鈴木福
11位 櫻井翔(嵐)
12位 ノブ(千鳥)
13位 山田孝之
14位 柳楽優弥
15位 相葉雅紀(嵐)
16位 神木隆之介
17位 松本人志(ダウンタウン)
18位 堤真一
19位 秋山竜次
20位 遠藤憲一
《KT》

特集

page top