小池栄子、不動産店でのありえないバイト体験談告白!客を全員追い返した | RBB TODAY

小池栄子、不動産店でのありえないバイト体験談告白!客を全員追い返した

エンタメ その他

小池栄子【撮影:編集部】
  • 小池栄子【撮影:編集部】
 小池栄子が、24日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。不動産店でバイトしたときの失敗談を語った。

 これまで1日だけバイトしたことがあるという小池。「お友達が出れない代わりに、自由が丘の不動産屋さんに何も分からずに」カウンターでの接客に応じたことがあると明かした。

 ただ始める前に一応説明は受けたといい、物件情報のファイルが入っている棚を見ながら「いくらから、いくらがこの棚、沿線上はここ」と教えられたという。

 それでも店長がいるときは彼が応対していたのだが、その店長が客を連れて内見に出かけてしまったという。「小池さん残り頼むね」と言われてあとのことを任された小池。次々と来店する客に「もう怖くなって、『決まっちゃいました!』『決まっちゃいました!』」と、客の希望する物件をすべて「契約済み」とウソを言って客を追い返し、あとで店長に「めっちゃ怒られて」と激怒されたという。

 「一応はじめは頑張って、『どこの駅が希望で、おいくらぐらいで、条件は…』って言ってやるんだけど、もう怖くなっちゃってウワーっなって、(物件情報を)出したはいいものの、『あっすみません、これ、決まっ、決まってますねコレ』『決まっちゃいました』しか出てこない怖くて」と、そのときの様子を振り返った。「で帰して」と、追い返したという。

 “事件”発覚後、「何やってんの?」と責める店長に、小池は、「その時もテンパっちゃって、『友達の代わりに入った初めての私に、こんな業務を任せるなんてムリだと思います」と上から目線で逆切れ。「でも約束なんで5000円はいただいて帰ります」としっかりバイト代はもらったと話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top