"今の浅田真央"に密着!初プロジェクトに迫った特番放送が決定 | RBB TODAY

"今の浅田真央"に密着!初プロジェクトに迫った特番放送が決定

エンタメ その他

 東海テレビは、浅田真央が引退後に初めて取り組むプロジェクト「浅田真央 感謝を届けるアイスショー全国ツアー」に密着した『幸せはリンクの中に~浅田真央 人生の第2章~』を17日夕方4時5分から放送する。

 浅田らが中心となって巻き起こした昨今のフィギュアブームは、フィギュアスケートという競技を身近なものにしてくれた。しかし、大会やアイスショーが行われるスケートリンクの数は少なく、さらに、チケット代もほとんどのものが高額に設定されている。浅田は、ファンに自分の滑りをもっと見やすい環境で見て欲しいという思いや、感謝の気持ちを伝えたいという思いから、同プロジェクトに取り組むことを決意。浅田とその姉である舞とともにアイスショーチームを結成し、日本中のスケートリンクを回ることを決めた。テーマは、"浅田真央のスケート人生"。番組カメラは、この新プロジェクトを作り上げていくまでの舞台裏に密着し、"今の浅田真央"をドキュメントする。

 同番組の取材・編集は、これまで浅田を15年もの間追い続けてきた同局ディレクター・渡辺氏が担当。渡辺氏は、番組の見どころについて「初回公演のあとの達成感に満ちた真央さんの表情は必見!今の浅田真央のすべてが詰まっています。番組では、真央選手が何をモチベーションに滑り続けたのか、これまでの映像をふんだんに盛り込み、その軌跡をお伝えします」と語っている。

 また、浅田もツアー直前に胸の内を告白。「(このツアーをやりたいと)姉の舞に声をかけたとき、すぐに一緒にやろうと言ってくれて、とてもうれしかったです。とにかくたくさんの人に、今の自分の感謝のスケートを見てほしい、ただそれだけを思っています。自分で曲を決め、アレンジを新しくしていく作業は、イベント実現に向けて、苦労という苦労ではなかったと思います。自分の滑りやプログラムを見つめなおす意味で楽しくもありました。そのパフォーマンスをオーディションで選んだメンバーに伝え、グループナンバーとしてみんなと動きを合わせていく練習には多くの時間をかけました。苦労したからこそ、いいものができたと思っています」と語っている。

 さらに、番組内では浅田の大好きなアーティスト・Superflyの越智志帆がナレーションを担当することも決定。越智がナレーションを担当するのは初めてのことだ。今の浅田に密着した『幸せはリンクの中に~浅田真央 人生の第2章~』は、東海テレビで17日夕方4時5分から放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top