中村仁美、フリーアナの“先輩”高橋真麻を評価「初めて偉大さが分かる」 | RBB TODAY

中村仁美、フリーアナの“先輩”高橋真麻を評価「初めて偉大さが分かる」

エンタメ その他

 中村仁美が、23日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に出演。高橋真麻の実力を絶賛する一幕があった。

 去年フジテレビを退社した中村。この日は、今年2月にテレビ東京から飛び出し、同じくフリーアナウンサーに転身した大橋未歩とカフェでお茶をすることに。2人はもともと同期で、それぞれ入社前からの友達だという。

 ここで繰り広げられたのは、お互いが出た出演番組の情報交換。『誰だって波瀾爆笑』(同系)にゲストで登場した大橋未歩は、メインMCの溝端淳平の「MC力」を称えた。また中村は『アナザースカイ』(同系)にゲスト出演した際、「もっと使いやすいコメントを言えればよかった」と反省しつつ、「うまく編集していただいた」と“編集力”に驚いていた。

 ここで中村は、2013年にフジを退社した“フリーアナの先輩”である高橋真麻について言及。中村がある時、真麻に「なかなかうまいこと言えない」と悩みを打ち明けると、真麻は「私も初めの1年くらいは全部空振りでした」と回顧。「3年目ぐらいからやっと打てるようになった」と言われたという。中村は「3年かかるんだ~」と積み重ねなければならない時間の長さに改めてショックを受けたという。

 さらに、局アナ時代はコメンテーター的な仕事をしてこなかったという中村は、「辞めて初めて真麻の偉大さが分かる」と評価していた。

 大橋も「真麻ちゃんのコメント力はほんとすごいと思う」と感心。「私、真麻ウォッチャー」と、日々彼女を観察していると話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top