ホラン千秋、日大側の事後対応に「言っていることと説明していることが全然違う」 | RBB TODAY

ホラン千秋、日大側の事後対応に「言っていることと説明していることが全然違う」

キャスターでタレントのホラン千秋が23日、『バイキング』(フジテレビ)に出演。“悪質タックル”問題で話題の日本大学の事後対応の不誠実さを批判した。

エンタメ その他
ホラン千秋【写真:竹内みちまろ】
  • ホラン千秋【写真:竹内みちまろ】
 キャスターでタレントのホラン千秋が23日、『バイキング』(フジテレビ)に出演。“悪質タックル”問題で話題の日本大学の事後対応の不誠実さを批判した。

 アメリカンフットボールの日本大学の選手が悪質な反則タックルで関西学院大学の選手を負傷させた問題で22日、怪我を負わせてしまった日本大学側の宮川泰介選手が記者会見を開いた。宮川選手はそこで内田正人前監督らからの反則行為を指示する発言があったことを明言していた。

 ホランは日本大学側が当初、「指導者による指導と選手の受け止め方にかい離が起きていたことが問題の本質」と説明していたことについて「かい離が起きていたって言ってますけど、そもそも試合が終わった後に4年生を集めて『あれは俺がやらせたことだ』って言ったわけじゃないですか、ってことは監督はその時かい離は起きていないって思ってたわけじゃないですか。それなのに最終的な説明で、かい離が起きていたって、言っていることと説明していることが全然違う」と批判した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top