【ビジネスマンのMacスキル】日々の作業を快適に!ファイル名を素早く変えるテクニック | RBB TODAY

【ビジネスマンのMacスキル】日々の作業を快適に!ファイル名を素早く変えるテクニック

IT・デジタル モバイル

バラバラだったファイル名が、一瞬で規則的なものに変更できた
  • バラバラだったファイル名が、一瞬で規則的なものに変更できた
  • ファイルをクリックしてすぐに[return]キーを押すと、ファイル名が選択状態になる
  • [→]キーを押すと、拡張子を除いたファイル名の末尾にカーソルが移動する。「企画書」を「企画書01」のように変更するときに便利
  • [←]キーを押すと、ファイル名の先頭にカーソルが移動する。「企画書」を「2018企画書」のように変更するときに便利
  • [↓]キーを押すと、拡張子を含んだファイル名の末尾にカーソルが移動する
  • 複数のファイルを選択して右クリックまたは[ctrl]キーを押しながらクリックしてコンテクストメニューを表示。「~項目の名前を変更...」を選ぶ
  • 左上のポップアップメニューで名前変更の方法を「テキストを置き換える」「テキストを追加」「フォーマット」から選択して、オプションを設定する。ここでは「フォーマット」を選んで、ファイル名を「企画書~」に統一し、「~」部分には連番が入るようにした
  • 「NameChanger」メニューの「Preferences」を選び、表示された画面で「Hide extensions by default」にチェックマークを付ける
 ファイル名の変更は、Finderでもっとも頻繁におこなう操作のひとつ。素早くできれば、毎日の作業が快適になる。キーボードを使った手軽なテクニックから、複数のファイルの一括変更まで、ファイル名を操作するワザを紹介しよう。

連載:ビジネスマンのMacスキル

ファイル名の変更にはキーボードを活用


 Finderでファイル名を変更するには、まず、ファイル名を変更可能な状態にする必要がある。よくやる方法は、「ファイルをクリックしてしばらく待つ」というもの。しかし、ファイルをクリックしてすぐに[return]キーを押すと、待ち時間なしにファイル名が変更可能になる。ホンのちょっとのことだが、作業が軽快に進められる。

ファイルをクリックしてすぐに[return]キーを押すと、ファイル名が選択状態になる
ファイルをクリックしてすぐに[return]キーを押すと、ファイル名が選択状態になる


 ここからが今回のポイント。変更可能な状態になったら、キーボードの矢印キーが活躍する。

・[→]キー
ファイル名をクリックして[return]キーを押し、すぐに[→]キーを押すと、拡張子を除いたファイル名の末尾にカーソルが移動する。そのままタイプを始めれば、ファイル名の末尾に文字が追加できる。ファイル名の末尾に数字を加えて簡単なバージョン管理をするときなどに役に立つ。

[→]キーを押すと、拡張子を除いたファイル名の末尾にカーソルが移動する。「企画書」を「企画書01」のように変更するときに便利
[→]キーを押すと、拡張子を除いたファイル名の末尾にカーソルが移動する。「企画書」を「企画書01」のように変更するときに便利


・[←]キー
同様にファイル名が選択状態になったところで[←]キーを押すと、ファイル名の先頭にカーソルが移動する。

[←]キーを押すと、ファイル名の先頭にカーソルが移動する。「企画書」を「2018企画書」のように変更するときに便利
[←]キーを押すと、ファイル名の先頭にカーソルが移動する。「企画書」を「2018企画書」のように変更するときに便利


・[↓]キー
Finderで拡張子を表示する設定にしているときに、拡張子を含んだファイル名の末尾にカーソルが移動する。

[↓]キーを押すと、拡張子を含んだファイル名の末尾にカーソルが移動する
[↓]キーを押すと、拡張子を含んだファイル名の末尾にカーソルが移動する


複数のファイルの名前をFinderでまとめて変更する


 複数のファイルの名前を規則的なもの直したり、連番を付けるといった作業は、ひとつひとつやっているとなかなか面倒。そんなときは、Finderの機能を活用しよう。複数のファイルを選択して、コンテクストメニューを表示し、「~項目の名前を変更...」を選ぶと簡単にファイル名を変更できる。

複数のファイルを選択して右クリックまたは[ctrl]キーを押しながらクリックしてコンテクストメニューを表示。「~項目の名前を変更...」を選ぶ
複数のファイルを選択して右クリックまたは[ctrl]キーを押しながらクリックしてコンテクストメニューを表示。「~項目の名前を変更...」を選ぶ


左上のポップアップメニューで名前変更の方法を「テキストを置き換える」「テキストを追加」「フォーマット」から選択して、オプションを設定する。ここでは「フォーマット」を選んで、ファイル名を「企画書~」に統一し、「~」部分には連番が入るようにした
左上のポップアップメニューで名前変更の方法を「テキストを置き換える」「テキストを追加」「フォーマット」から選択して、オプションを設定する。ここでは「フォーマット」を選んで、ファイル名を「企画書~」に統一し、「~」部分には連番が入るようにした


バラバラだったファイル名が、一瞬で規則的なものに変更できた
バラバラだったファイル名が、一瞬で規則的なものに変更できた


アプリを使って複数のファイルの名前変更を自由自在に


 Finderの名前変更の機能は便利だが、連番を「01」のような形式にしたいとか、「_01」にするといった、細かな注文には対応してくれない。好みの形式に変更するには、アプリの「Name Changer」が便利だ。

「NameChanger」を起動したら、拡張子を変更しないように設定しておこう。

「NameChanger」メニューの「Preferences」を選び、表示された画面で「Hide extensions by default」にチェックマークを付ける
「NameChanger」メニューの「Preferences」を選び、表示された画面で「Hide extensions by default」にチェックマークを付ける


 「NameChanger」ウィンドウは、大きく2つのエリアに分かれていて、左のエリアに名前を変更するファイルを登録し、変更のルールを指定すると、右のエリアで変更後の名前が確認できるようになっている。ファイルの登録は、ドラッグ&ドロップかウィンドウ左上の「Add」ボタンをクリックしておこなう。

5個のファイルを登録した。登録したファイルは、ドラッグ&ドロップで並べ替えることができる。つまり、連番を付ける場合の順序を指定できる
5個のファイルを登録した。登録したファイルは、ドラッグ&ドロップで並べ替えることができる。つまり、連番を付ける場合の順序を指定できる


一番上のポップアップメニューで名前変更の方法を選択し、オプションを指定する。ここでは「Sequence」を選択して、「企画書_○」という形式になるように指定した。「○」には「01」という形式で連番が入る。右のリストで変更後のファイル名が確認できる。OKなら右上の「Rename」をクリックすると、実際に変更される
一番上のポップアップメニューで名前変更の方法を選択し、オプションを指定する。ここでは「Sequence」を選択して、「企画書_○」という形式になるように指定した。「○」には「01」という形式で連番が入る。右のリストで変更後のファイル名が確認できる。OKなら右上の「Rename」をクリックすると、実際に変更される



アプリ名:NameChanger
開発:MRR Software
価格:無料
URL:https://mrrsoftware.com
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top