中山美穂、初共演のキム・ジェウクを「ガン見した」と告白! | RBB TODAY

中山美穂、初共演のキム・ジェウクを「ガン見した」と告白!

エンタメ その他

中山美穂【撮影:小宮山あきの】
  • 中山美穂【撮影:小宮山あきの】
  • 新垣隆、中山美穂、キム・ジェウク、チョン・ジェウン監督、トンボ(ラブラドール・レトリバー)【撮影:小宮山あきの】
  • キム・ジェウク【撮影:小宮山あきの】
  • 中山美穂、キム・ジェウク【撮影:小宮山あきの】
  • 中山美穂、キム・ジェウク【撮影:小宮山あきの】
  • 新垣隆、中山美穂【撮影:小宮山あきの】
  • 中山美穂、キム・ジェウク【撮影:小宮山あきの】
  • 新垣隆【撮影:小宮山あきの】
 女優の中山美穂と韓国俳優のキム・ジェウクが12日、都内で行われた映画『蝶の眠り』初日舞台挨拶に、作曲家でピアニストの新垣隆、チョン・ジェウン監督とともに登場した。

 中山にとって5年ぶりの主演映画となる同作は、アルツハイマーの病に侵され、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされた人気作家の松村涼子(中山)が、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、惹かれ合う物語。

 公開初日を迎えた心境について、中山は「撮影は2年前になるんですけど、やっと公開になりまして、皆さんにご覧いただける日をすごく楽しみにしていました。素敵な作品になっているので何回も見てください」とにっこり。

 キム・ジェウクは「韓国ではない国の劇場で自分の映画が上映されるのは、不思議な気持ちです。日本は、僕が子どものころに暮らしていたことがある特別な国なので、何とも言えない感情です」と心境を語った。

 「釜山国際映画祭」のレッドカーペットでは、韓国メディアから“ベストカップル”と評された中山とキム・ジェウク。

 同作が初共演という二人だが、「お互いが初めて会ったときの印象は?」と聞かれると、中山は「脚本を読んで、衣装合わせのときに彼がいて初めて会ったんですけど、脚本のイメージ通りだったので、私はガン見したらしいです」と告白。

 一方のキム・ジェウクも、「その瞬間は空気が止まったような感じでした。目が本当に大きい女優さんが僕をじーっと見ていたので、2秒くらいだと思うんですけど、その時間がすごく長く感じられて、何も言わずに『チャネだ』っていう顔をして見てもらって嬉しかったです」と振り返った。

 また、「韓国では『Love Letter(ラブレター)』という映画が本当に有名なので、それに出演していた中山さんと僕が映画を撮るんだっていうのが実感できなかったです。光栄でした」と初共演の喜びも語った。

 舞台挨拶の終盤には、同作の音楽監督を務めた新垣が劇中曲を披露し、中山ら登壇者と観客を魅了した。新垣の演奏を涙目で聴いた中山は、「いいですねえ。上映が終わってこれを聞けたら、また感動してしまいますよね」とコメント。

 さらに、新垣とは「同じ年だと思っていた」という中山は、「じつはさっき判明したんですけど、私の方が(学年が1つ)上でした」と中山の方が年上だったことも明かして、会場を驚かせた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top