坂上忍、度重なる相撲協会の騒動&対応に「本当に下手」 | RBB TODAY

坂上忍、度重なる相撲協会の騒動&対応に「本当に下手」

エンタメ その他

坂上忍【撮影:椿山】
  • 坂上忍【撮影:椿山】
 坂上忍が13日、自身がMCを務める『バイキング』(フジテレビ)で昨年から続く相撲協会の騒動について「協会の対応が本当に下手」とダメ出しをした。

 その日の放送では、土俵への女人禁制問題に追い打ちをかけるかのように明らかになった大相撲春場所巡業の「ちびっこ相撲」で女児が参加できなかった問題についてピックアップ。昨年までは女児にも参加が認められていたという「ちびっこ相撲」だが、今年は相撲協会からの「ちびっこ相撲に女の子は遠慮してほしい」とのお達しがあったため参加不可に。芝田山広報部長は「(女児の)安全面を考慮した措置」と説明していたが、ネット上では「女性差別的な発言なのでは」と物議を醸していた。

 坂上は昨年の暴行問題から続く相撲業界の一連の騒動を踏まえた上で「相撲業界のイメージ戦略が非常にイケてない」と話し、「負のイメージがずっと続いている中、このタイミングで女人禁制を徹底するって……僕は下手だなあって思っちゃう」と協会の対応にダメ出しをした。

 さらに坂上は女人禁制については反対派であるといい、「ダメならダメで、あげちゃいけない理由が諸説ありすぎる。協会の中で話し合って一本化してほしい」と訴え、「そこまでダメというのなら、もう会場に入れるなよ。やるならそれぐらいやれよっていう気になっちゃうよね」と話した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top