さんま、ディズニーランドの思い出語る「朝から夕方まで駐車場」 | RBB TODAY

さんま、ディズニーランドの思い出語る「朝から夕方まで駐車場」

エンタメ その他

 明石家さんまが、4日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、東京ディズニーランドでの悲しい思い出を語った。

 これまで2回家族で遊びに行ったという、さんま。だが園内にいた時間は一度目は「1時間」で、二度目は「5分」とかなり短いものだったという。その理由として彼は「一応、僕、ちょっと人気あるんですよ」と説明。一度目の時にジャングルクルーズに乗ったところ、「ウワーッ」と客が押し寄せ、プチパニックに。さんまだけ、やむなく駐車場に“避難”したのだとか。他の家族は夕方まで遊んだが、「俺、朝から夕方まで駐車場」と車内でずっと待っていたと笑った。

 さらにそのジャングルクルーズに乗った時も、さんまには苦い思い出が。「我々喋り手にはリアクションとか笑いとかが必要」と語ったうえで、案内してくれるお兄さんに全部反応していたところ、まだ幼かった娘のIMALUに「恥ずかしい」「やめてくれ」と泣かれてしまったという。

 この日の番組では、ディズニーランドの人気の秘密を評論家とともに解明するべく、25年ぶり3回目の来園を果たしたさんま。だがジャングルクルーズに乗ると、さんまはやはり、船長の話に毎回大げさリアクション。乗船後、ブラックマヨネーズから「子どもじゃないけど泣きそうになりました」とダメ出しされていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top