「めちゃイケ」最終回で岡村隆史が男泣き!「僕の青春でした」 | RBB TODAY

「めちゃイケ」最終回で岡村隆史が男泣き!「僕の青春でした」

エンタメ その他

 31日、長寿バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ)の最終回「めちゃ2イケてるッ!22年間の感謝をこめて最後はみんなで空高く舞い上がれスペシャル!!」が放送され、22年間続いた番組が幕を下ろした。

 最終回は、5時間10分におよぶスペシャルで、「七人のしりとり侍」や「殉職シャンプー刑事」「クイズ濱口優」「熱湯CM」などの名物企画が放送され、ビートたけしや中居正広、江頭2:50、小栗旬などの番組にゆかりのある芸能人も多数出演した。

 番組ラストは、岡村の「仮想結婚式」のスピーチという設定で、レギュラーメンバーそれぞれが涙ながらに番組への思いを告白。

 矢部浩之は、メンバー1人ひとりの名前を呼び、感謝の気持ちを述べると「『めちゃイケ』は自分の中で特別な番組です」「みんなそれぞれ次のステージに行って、自分の番組はこれやっていうものをそれぞれが見つけられたらと思います」と前を向いた。

 岡村隆史は、「『めちゃイケ』を一人でやっていると思っていた時期もあった」と苦悩を明かし、「『めちゃイケ』でフジテレビに向かうときは、わくわくする気持ちでレインボーブリッジを渡ったことは一度もない」「しんどかったり、苦しかったり、痛かったり、悲しかったり、心が苦しくなるような気持ちで、レインボーブリッジを22年間渡ってきました」と回顧。

 自身が体調不良で休養した時のことにも触れ、「待っていてくれたメンバー、すべてのスタッフの皆さま有り難うございました」と感謝を語ると、たちまち涙があふれ、岡村もメンバーも号泣状態に。

 矢部が「いいですよ、最後なんでね…」と言葉をかけると、岡村は「22年間、お茶の間の皆さん有り難うございました。こんなこと恥ずかしいんですけど、最後に言わさせていただきます。『めちゃイケ』は僕の青春でした。有り難うございました」と泣きながら深く頭を下げた。

 すると、そこへ突如「パーデンネン」のキャラクターに扮した明石家さんまがサプライズで登場。さんまは岡村の頭をたたくと、「何泣いとんねん、長いわ」と強烈なツッコミで笑いを誘ったが、岡村が番組終了が決定した際に、さんまに電話をして「さんまさんに(土曜8時の)枠をお返しします」と報告した件について、さんまは「俺らは(『オレたちひょうきん族』を)8年しかやってないねん。お前らは22年もやったんやろ、お前らの枠や」とさんま流に労っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top