オードリー若林、現在のオードリーは「俺のプランと違う」と嘆き! | RBB TODAY

オードリー若林、現在のオードリーは「俺のプランと違う」と嘆き!

エンタメ その他

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭と春日俊彰【撮影:竹内みちまろ】
  • お笑いコンビ・オードリーの若林正恭と春日俊彰【撮影:竹内みちまろ】
 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭と春日俊彰が、29日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「コンビ芸人ホームルーム」企画に出演。若林が現在のオードリーは「俺のプランと違う」と嘆く場面があった。

 10年前の「M-1グランプリ2008」で準優勝を果したことをきっかけに大ブレイクし、現在まで活躍を続けているオードリー。

 若林はブレイク当時から現在までのオードリーをふり返り、「2008年当時は、春日はちょっと気持ち悪がられているモンスターキャラだったけど、いろんなことに挑戦したりして、春日の好感度が上がってしまった」と分析。

 そこで、若林は昔のように、春日が「気持ち悪い」といわれるキャラでい続けるために、「超人ハルク」みたいな超マッチョボディになればいいのではないかと考え、番組でマッチョを目指す企画を始めたものの、春日が予想とは全く違う、すごく絞られた「イケメンマッチョ」に変貌してしまったのだという。

 コントやトークなどで、たびたび春日に「気持ち悪いよ」というツッコミを入れてきた若林だが、若林いはく「童顔の人は年をとると気持ち悪くなる」のだといい、最近は年をとった童顔の若林のほうが、ライブのアンケートなどで「気持ち悪い」と書かれてしまう始末なのだという。

 さらに、若林は、現在の春日は観客の前で「筋肉を見せろ」と言われて見せると「おー」というリアクションを浴び、若林の方がダルダルの体を見せると笑われるのだといい、「俺のプランと違う」「真逆のオチで笑いを取っている」と嘆く場面も。

 一方の春日は、若林に対し「超人ハルク」のボディになるためには「5年とか10年ほしい」と時間がもっと必要であると懇願していた。

 若林のねらいどおりに、春日の肉体が「超人ハルクボディ」になり、「気持ち悪い春日」が復活する日は来るのだろうか。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top