金爆の樽美酒研二、『SASUKE2018』の結果について「情けない」と心境明かす | RBB TODAY

金爆の樽美酒研二、『SASUKE2018』の結果について「情けない」と心境明かす

ゴールデンボンバーの樽美酒研二が26日、自身のブログを更新。自身が参加したTBS系スポーツバラエティ番組『SASUKE2018』について、「情けない」と心境を明かした。

エンタメ ブログ
写真は公式ブログより
  • 写真は公式ブログより
 ゴールデンボンバーの樽美酒研二が26日、自身のブログを更新。自身が参加したTBS系スポーツバラエティ番組『SASUKE2018』について、「情けない」と心境を明かした。

 『SASUKE』は1997年から放送されている体力自慢の芸能人やアスリート、一般参加者がアクロバティックなアスレチックに真剣勝負で挑むスポーツ・エンターテインメントの特別番組。樽美酒は2012年大会より参加し、今回は、100名中、樽美酒含む8名が“乳酸地獄”と評されるほど、スタミナを消費されるセカンドステージに進出し、樽美酒は「ウォールリフティング」で無念のタイムアップとなった。

 同番組放送後に「情けないです」と更新したエントリーで、「今回もSASUKEご覧いただきありがとうございます」とファンへ感謝の気持ちを伝えるも、「沢山のコメント。。見てると辛いです 感情が入り乱れてどう書いていいのかわらなくなります」と気持ちの整理がつかない様子。そして、今回の結果に対して「今回のSASUKEの戦いは謝りたい気持ちでいっぱいです 情けない 最後の最後まで集中を切らさず戦わなかった自分に腹が立って、、収録日を終えて腹が立って一時イライラして、ようやく忘れようとしたのですが オンエアー観て、またイライラしてきました」と綴り、ファンに向けて「ほんの少しでも勝負の途中で「諦め」を考えた自分が許せなくて。。本当にゴメンなさい」と謝罪した。

 放送後、ブログを通して寄せられたファンからのコメントに「返ってくるコメント読むと、涙止まらなくなって明日の撮影に影響出そうなので、半日くらい寝かせて心して読ませていただきます とにかくすいませんでした」と改めてお詫びしブログを締めくくった。

 また、翌日更新した「ちょっとコメント見たけど」というタイトルのエントリーでも、「気付いたら涙を流してる自分がいます まだ無理だな。。。笑 もう少し寝かせて読みますね」と綴っている。ファンからは「情けないですか?全くそんなことなかったですよ!!」「感動、勇気をいっぱい受け取りました」「情けなく思わないでください。果敢に挑む姿、とてもかっこよかったです」など、励ましコメントが多数寄せられている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top