野生爆弾、二度の解散危機があったことを明らかに | RBB TODAY

野生爆弾、二度の解散危機があったことを明らかに

エンタメ その他

(C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
 9日よる10時から放送の『エゴサーチTV』(AbemaTV)の中で、野性爆弾・くっきーがコンビ解散危機を明かす一幕があった。

 同番組は、エゴサーチが得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと共に、ゲストに関するエゴサーチをしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ。

 9日の生放送には、野性爆弾のくっきーとロッシーがゲストに登場。エゴサーチの結果出てきた『野性爆弾、解散危機』という記事について、「これまでに2回くらいあった」と語るくっきーは、「1回目は、劇場で行われていた企画で『最下位だったコンビは素人に戻す』というネタのトーナメントで最下位になってしまったとき」と説明し、「自分を奮い立たせるために『最下位になったら(芸人を)やめる』と周りの先輩たちに伝えていたら、まさかの最下位に。そんな時にケンコバさんと、ザコシショウさんが来てくれて『絶対やめるなよ』と言ってもらった」と、その経緯を告白。

 また、なかなか劇場に人が集まらない日々に、痺れを切らしたくっきーがロッシーに「もうやめよう」と言った時が2回目の解散危機だと明かされると、くっきーは「こいつ(ロッシー)が両目にアイボン付けてるっていう位、目をジャブジャブにして『もうちょっと頑張ろう』って言ったから」と語り、「今の俺があるのはロッシーのおかげ」と、相方であるロッシーに感謝の思いを伝えていた。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top