林修、大ヒット名言を自ら覆す……「あとでしょ」にスタジオ騒然 | RBB TODAY

林修、大ヒット名言を自ら覆す……「あとでしょ」にスタジオ騒然

8日放送の「グサッとアカデミア」(日本テレビ系)で、林修が自らの代名詞ともいえる名フレーズを覆し、スタジオを騒然とさせた。

エンタメ その他
 8日放送の「グサッとアカデミア」(日本テレビ系)で、林修が自らの代名詞ともいえる名フレーズを覆し、スタジオを騒然とさせた。

 番組では、女優・遠山景織子の生活に密着。シングルマザーとして、16歳高校1年生の息子を一人で育てているという。だが彼女は、我が子が巣立ったとき、育児に費やしていた時間をどう使えばいいのか悩んでいると明かした。

 ここで林が講義をしたのが「時間の重み」について。忙しい人同士は時間の重みがお互い分かっているが、「忙しい人」と「時間が余っている人」との間には大きなズレが生じるという。例えば電話をかけると、相手の「今(時間)」と「ここ(場所)」を拘束し、その人を動けなくしてしまうデメリットがあると解説。

 続けて林は、「でもLINEはもし来ても、今じゃなくて良いんです、『あとでしょ』と説明。自分の口からふいに出た言葉に驚いた彼に、スタジオは大爆笑。
「新しい!」「新ギャグですか?」「今年はそれでいくんだ!」などとイジられると、林は恥ずかしそうに「忘れてください」と頼み込んでいた。

 最後に林は遠山に、「自分の時間を重くする。その準備を今からしておいてください」と伝え、「お母さんが充実している姿を見れば、息子さんもまた頑張ろうと思えるはず。そういう姿を見せてあげてください」と話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top