J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに! | RBB TODAY

J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!

エンタメ グラビア

J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
  • J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
  • J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
  • J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
  • J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
  • J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
  • J.ローレンス、際どすぎるセクシードレス姿でプレミアに!
 元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズが原作を務める映画『レッド・スパロー』が3月30日から公開となる。このたび、現地時間の26日にニューヨークのリンカーンセンターAlice Tully Hallでニューヨークプレミアが開催された。

 会場には、フランシス・ローレンス監督、ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、原作者のジェイソン・マシューズなどが駆けつけた。相手を悩殺するセクシーさと巧みな心理操作を最大の武器に大国を手玉に取るドミニカを演じるジェニファーは胸元と背中が大きく開いたセクシーなドレスにダウンヘアという装いで登場したヨーロッパプレミアとは打って変わって、ニューヨークプレミアでは、胸元のデザインが際どいシースルーのスカートといった“挑発的な”衣装にアップヘアという姿で報道陣を魅了した。

 ジェニファーは「ドミニカは、私には想像もできないような過酷な状況で生き延びなければならなかった。彼女は誘惑することを訓練されるけど、心の強さによって生き延びるの。彼女は、わたしよりもずっと、ずっと、かっこいいのよ」と自身が演じたドミニカが精神的にも身体的にもタフな女性であることを明かす。そして、「新しいことに挑戦したかったから、この作品は、スパイの姿、謀略の残忍さ、監視されることの不安感、暴力的なライフスタイル、を全く新しい視点で描かれることになると思った」と今までのスパイ映画とは一線を画することを明言。

 また、「作品は、刺激的で、感情に訴えてくる。CIA に姿もとてもリアルに描かれている。フランシス・ローレンスがハイクオリティな作品に仕上げたと思う」と元CIA工作員の原作者が太鼓判を押す。ローレンス監督の手腕については、ジェニファーも「フランシスが監督でなければ、私はこの作品に出演できなかったわ。彼は長年の友人で、映画監督としても信用しているの。脚本を読んだとき、ダークで重厚なこの作品をユニークで、味わい深いものに仕上げることができる人はたった一人しかいないと思った。それが、フランシスよ」と絶賛した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top