竹下景子、肩書きにジレンマ……“お嫁さんにしたい女優”は「窮屈だった」 | RBB TODAY

竹下景子、肩書きにジレンマ……“お嫁さんにしたい女優”は「窮屈だった」

24日に放送された「サワコの朝」(TBS系)に、竹下景子が出演。「お嫁さんにしたい女優No1」と呼ばれていたときの偽らざる本音を語った。

エンタメ その他
 24日に放送された「サワコの朝」(TBS系)に、竹下景子が出演。「お嫁さんにしたい女優No1」と呼ばれていたときの偽らざる本音を語った。

 そう呼ばれるようになったキッカケは政治家との対談。荒船清十郎、稲葉修という2人の政治家を挟んで竹下が進行役を務めたが、話についていけない彼女は途中で泣き出してしまったという。その姿に荒船がリップサービスで「いやあ、息子の嫁にしたいね」と言ったのがメディアに流れ、世間に広まった。

 以来、家庭用品のCMや、イメージに合う役柄が舞い込むようになったが、当時の竹下の本心は「そうじゃない、そうじゃない」という後ろめたい気持ちを抱えていたと言い、「ちょっと窮屈な感じがありました」と告白した。

 当時親交のあった脚本家・市川森一からドラマでソープ嬢の役を打診されたとき、「このチャンスを逃したら二度とこの役には出会えない」と、優等生のイメージを脱皮しようと快諾したと語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top