「お尻」売りのグラドル・岡田サリオ、自分にヒップを「100m」 | RBB TODAY

「お尻」売りのグラドル・岡田サリオ、自分にヒップを「100m」

22日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)でグラビアアイドルの岡田サリオが自分のヒップサイズを言い間違え、ダウンタウンの注目を集めた。

エンタメ その他
 22日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)でグラビアアイドルの岡田サリオが自分のヒップサイズを言い間違え、ダウンタウンの注目を集めた。

 彼女の所属事務所の会長は、かつて芸能プロダクション「イエローキャブ」を率いて巨乳アイドルブームを巻き起こした野田義治氏。岡田は、「私は“お尻売り”なんですよ」と語り、野田会長も彼女を胸ではなく「お尻」で売っていくのだとか。

 ダウンタウン・浜田雅功が「ちなみにヒップ何センチ?」と聞くと岡田の答えは何と「100メートル」。まさかの言い間違いに浜田も目を丸くして大笑い。岡田が「間違えた、間違えた、ごめんなさい」と慌てて謝る中、一人ぶ然とした表情の松本人志は「それ、社長に吹き込まれたボケでしょ」とツッコみ、「もうええっちゅうねん!ベタベタ」と一蹴した。

 そんな彼女のヒップの鍛え方は「空手」。3年で黒帯も取得した彼女に師範の先生から「東京オリンピックめざせるんじゃない?」と言われていることを明かし、「もし良かったら『美人すぎる空手家』って取り上げてもらえないかな」とメディアにお願いすると、松本は「野田社長と楽屋に謝りに来てな」といわれていた。
《杉山実》

特集

page top