小倉智昭、5万円相当のアルマーニの制服採用に苦言 | RBB TODAY

小倉智昭、5万円相当のアルマーニの制服採用に苦言

2月9日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)で、小倉智昭が、東京・銀座の公立小学校の校長が来年度からアルマーニの標準服を導入すると決めた件に苦言を呈した。

エンタメ その他
小倉智昭
  • 小倉智昭
 2月9日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)で、小倉智昭が、東京・銀座の公立小学校の校長が来年度からアルマーニの標準服を導入すると決めた件に苦言を呈した。

 創立140年を迎える銀座・泰明小学校。『とくダネ!』の取材によれば同校の和田利次校長は、イタリアの高級ブランドを取り入れる理由として、最近、生徒に銀座の小学校に通っている自覚が見られないことから、内面を外面から育てる「教育の一環」「ビジュアルアイデンティティー」確立のためと明かしている。

 「標準服」は強制ではないものの生徒のほぼ100%が着ていることから、実質上「制服」となっている。新たに採用されるアルマーニの標準服は現在の2,5倍、5万円するとされ、靴下などを合わせると8万円かかるという。

 小倉智昭は「(値段の)高い制服は、ほつれたり、てかったりしないと聞いたことがある」と質は認めつつも、「小学生ってどんどん成長するんで、そのたびに買い替えるとなると厳しいことは確か」とコメント。さらに「銀座を意識するんだったら、それこそエルメスのランドセルとか、そういう話になっちゃうよな」と論じた。

 また梅津弥英子アナウンサーは、「私学の学校でこういうことは分かるが、今回は公立」と意見を述べ、反対姿勢をみせていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top