葉加瀬マイ、主演忍者映画で『ワンダーウーマン』超えに意欲 | RBB TODAY

葉加瀬マイ、主演忍者映画で『ワンダーウーマン』超えに意欲

エンタメ 映画・ドラマ

葉加瀬マイ【撮影:中村】
  • 葉加瀬マイ【撮影:中村】
  • 葉加瀬マイ
  • 葉加瀬マイ、赤井沙希
  • 赤井沙希
  • 葉加瀬マイ
  • 葉加瀬マイ、赤井沙希
  • 鳥肌実
  • 坂口征夫
 グラビアアイドルの葉加瀬マイが主演の『LADY NINJA ~青い影~』舞台挨拶が21日に渋谷・ユーロライブで行われ、葉加瀬、けーすけ、赤井沙希、鳥肌実、坂口征夫、竹本茉莉、阿部祐二、藤原健一監督が登壇した。

 同作は長引く大不況により政府が弱体化し国家を転覆させようとする財閥が力を持った日本を舞台に、政府の特殊忍者部隊が危機を救うべく戦いに赴く姿を描く。

 映画初主演で忍者アクションに挑んだ葉加瀬は、「私自身忍者になるという事で、人を殴る蹴るなど色々と特訓しました」と役作りについて振り返り、「実際には当てていないですけど、坂口さんには『当ててください』と言っていただいて、実際に殴る蹴るやらせていただきました」と振り返った。

 実際に当てるのは坂口の「その方がリアリティあるのかな」との提案だったそうで、葉加瀬は「実際に人を殴るのは怖くて、最初は抵抗があって猫パンチみたいになっていました」と振り返った。

 また、敵役の天才科学者役を演じた鳥肌について赤井が「お芝居いする時の圧がすごかったです」と振り返ると、葉加瀬も「本当に気持ち悪かったです」とある意味絶賛。すると、鳥肌は「私はダイコンで演技というものができないので、本当に集中してマイさんにまとわりついて気持ち悪くなろうと努めました」と説明。

 対峙した葉加瀬は「演技していても見入っちゃいました。戦うシーンも本当に怖いし、倒されそうになって私も真剣に倒そうという気持ちで臨みました」と鳥肌の怪演を振り返った。

 締めの挨拶では、葉加瀬が続編への意欲も語り、「『ワンダーウーマン』に負けないように、『LADY NINJA』と言えばは葉加瀬マイと言ってもらえるように確立したいと思います」と思いを語った
《中村好伸》

関連ニュース

特集

page top