石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』が今夜スタート | RBB TODAY

石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』が今夜スタート

エンタメ 映画・ドラマ

(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 石原さとみ主演のドラマ『アンナチュラル』が今夜10時よりTBS系列でスタートする。

 同ドラマは、ヒットドラマ“逃げ恥”の脚本を務めた野木亜紀子が担当することでも注目の1話完結の法医学ミステリー。法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く「不自然死究明研究所」、通称UDIラボは、国の認可を受けた全国初の“死因究明”に特化した研究所。警察や自治体から依頼された遺体を解剖し、調査する機関だ。そこで働くのは、ミコトと同じ法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、坂本誠(飯尾和樹)、そしてアルバイトの医大生で記録員の久部六郎(窪田正孝)らで、個性的なメンバーを束ねるのは所長の神倉保夫(松重豊)だ。

 ある日、UDIラボに一組の夫婦がやってくる。葬儀社の木林(竜星涼)に紹介されたという高野島夫婦(野添義弘・長野里美)は、突然死した息子・渡(野村修一)の死因に納得がいかない様子。渡の死因は、虚血性心疾患(心不全)と判断されたが、「健康だった息子が突然死するわけがない!」と涙ながらに訴える。ミコトが渡の遺体を解剖した結果、渡には急性腎不全の疑いがあることが判明。遺体の状態から薬毒物による死亡の可能性が浮上するが、その原因が特定できずミコトは中堂に協力を求める。しかしその反応はつれなく・・・。

 そんな中、渡の仕事仲間だった女性が突然死したことが分かる。ミコト、六郎、東海林は薬毒物の正体を突き止めようと、渡の部屋を訪れるが、そこへ渡の婚約者・馬場路子(山口紗弥加)が現れて・・・。ドラマ『アンナチュラル』は今夜10時からTBS系列で放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top