滝沢カレン、ブレイク後の悩み「漢字を覚えるようになってしまった」 | RBB TODAY

滝沢カレン、ブレイク後の悩み「漢字を覚えるようになってしまった」

エンタメ その他

 26日に放送された『超踊る!さんま御殿!!最強夫婦&コスプレ女豪華芸能人の大忘年会』(日本テレビ系)に滝沢カレンが出演。ブレイク後の悩みを告白した。

 おバカ発言で知られる滝沢だが、さんまから「いろいろ知識入ってくるやんか」とふられると、滝沢は、「ナレーションする番組をやってるんですけど」と話し始めた。

 現在『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)で、漢字のルビがふられていないナレーション原稿をぶっつけ本番で読むコーナーを担当している滝沢。だが、その正しい読み方をオンエアで見て覚えてしまうと話した。

 そして、「次のナレーション録りでそれを言えるようになったら、後ろから、あの人たちが出てきて」と言いかけると、周囲からは「あの人たちって誰!?」「怖いよ」と総攻撃。「制作会社っていうのかな」と言いなおすと、「スタッフさんね」と訂正されていた。

 そのスタッフから「なんで覚えちゃったの!?(オンエア)見なくていいよ」と言われて反省する一方、日々寄せられるファンレターでは「どんどんうまくなってますね」と褒められ、嬉しくなると素直な気持ちを語り、「どうしたらいいのか分からない」と話した。

 そして仕事をもらえるのは嬉しいが、「芸人さんではない」と言うとさんまは、「片手間のバイトみたいなやつがハジけてしまったということか」と解釈。すると滝沢はうなづきながら、「副業中の副業がこんな……」と思わず本音を漏らすとさんまは、「副業中の副業!?オレ、副業中の副業中を全力疾走してるの!?」とショックを受けていた。

 番組では、1年の締めくくりとして今年出演した様々なゲストの名場面も放送。それをスタジオで見ていた滝沢は最後に感想を求められ、「結局いろんな人のVTRまとめてるけど、なんだかんだ、さんまさんじゃん!」と放言。さすがのさんまも笑わずにはいられなかった。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top