間宮祥太朗が調理服姿で爽やかな笑顔!映画『不能犯』の場面写真が公開 | RBB TODAY

間宮祥太朗が調理服姿で爽やかな笑顔!映画『不能犯』の場面写真が公開

俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』は2018年2月1日全国公開。このほど、同作に出演する調理姿が爽やかな間宮祥太朗の場面写真が解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
  • (C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
  • (C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
 俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』は2018年2月1日全国公開。このほど、同作に出演する調理姿が爽やかな間宮祥太朗の場面写真が解禁された。

 同作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。見つめるだけで相手を死に追いやる主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、忍成修吾、今野浩喜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍といったキャストが出演する。

 都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正(松坂)。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない不能犯だった。

 嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”刑事である、多田(沢尻)が自ら更生させた元不良少年・川端タケル(間宮)。2年前に少年院から出所して以来、多田が紹介した店で働き、以前はよく多田の勤める警察署へ出前に出向いていたが、今ではその店で調理場を任せられるほどになったようだ。今回公開されたのは、調理服姿が爽やかで、眩しい笑顔を見せる間宮の場面写真。多田のお陰で今の自分があると慕うタケルだが、多田に向けるその表情からは、恩人としてだけではない、何か特別な感情を抱いているのでは?!と予想させるものとなっており、一方の写真では、TVから流れる公園で起こったある爆発事件のニュースをみて、憤りを覚える多田とそれをじっと見つけるタケルの姿が。果たして、多田は事件の犯人を捕まえることができるのか?

 この2人が何かしら事件に関わっていくことも予感させる?!今後の展開と2人の関係性も気になる画像となっている。間宮の爽やかな姿にも注目の映画『不能犯』は2018年2月1日全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top