瀬戸康史が女装美男子に挑戦!2018年1月スタートの月9ドラマ『海月姫』 | RBB TODAY

瀬戸康史が女装美男子に挑戦!2018年1月スタートの月9ドラマ『海月姫』

2018年1月スタートのフジテレビ系月9ドラマ。『海月姫』で、俳優の瀬戸康史が女装美男子に挑戦することが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 2018年1月スタートのフジテレビ系月9ドラマ。『海月姫』で、俳優の瀬戸康史が女装美男子に挑戦することが分かった。

 芳根京子主演の同ドラマは、クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”が、ある日、蔵之介に出会い、それをきっかけに、新しい自分、新しい生き方を見つけていく物語。さらに蔵之介と、その弟と三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る姿を、ギャグを交えて描いた、新感覚の“シンデレラ・コメディー”となっている。

 同ドラマの発表とともに注目を集めていたのは、“女装美男子”鯉淵蔵之介(こいぶち・くらのすけ)を誰が演じるのか?というところ。そんな蔵之介を、同ドラマが初の月9ドラマ出演となる瀬戸が演じることが決まった。蔵之介はファッションセンスを極め過ぎて、女装まで行き着いてしまったオシャレ美男子。与党の最大派閥を率いる大物国会議員の鯉淵慶一郎(こいぶち・けいいちろう)と舞台女優の愛人との間にできた子で、男であることから将来、政治家にするために、蔵之介だけが鯉淵家に引き取られた。蔵之介が女装をするようになった理由はファッションとして楽しむ以外に実は2つあり、1つは女装をするような息子を見て、政治家にしようとする父の意図を挫き、大好きなファッションの業界に関わっていくため。そしてもう1つは、物語が進むにつれて徐々に明らかになっていく。

 瀬戸は同ドラマへの出演について、「『海月姫』は以前から読んでいたので、女装男子・蔵之介が『自分で大丈夫だろうか?』という思いと、『こんな役なかなかできる機会はない。演じたい!』という2つの思いがありました」と現在の心境を明かしているほか、視聴者に対しては、「ブルーマンデーなんか吹き飛ばしてまた一週間頑張れる!蔵之介や月海たちの姿に一歩踏み出す勇気をもらえる、そんな作品をお届けします!」と呼びかけている。瀬戸の出演にも注目のドラマ『海月姫』(フジテレビ系列)は、2018年1月スタート。
《KT》

関連ニュース

特集

page top