「今は普通の音楽がない」...作詞家・松本隆が古舘伊知郎と濃厚トーク | RBB TODAY

「今は普通の音楽がない」...作詞家・松本隆が古舘伊知郎と濃厚トーク

古舘伊知郎が、今話題になっているあの人と濃厚トークを繰り広げるトーク番組『トーキングフルーツ』。本日31日深夜24時35分より放送の同番組では、ゲストに作詞家・松本隆が登場する。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 古舘伊知郎が、今話題になっているあの人と濃厚トークを繰り広げるトーク番組『トーキングフルーツ』。本日31日深夜24時35分より放送の同番組では、ゲストに作詞家・松本隆が登場する。

 松本といえば、クミコの最新アルバム『デラシネ』全10曲の作詞を手掛け、その活動が改めて注目されている存在。東京・青山生まれ、青山育ちということで母校の港区立青南小学校の教室でトークを始めたふたり。古舘は松本の言葉ひとつひとつに「すべてが詩のよう!」と感激しっぱなし。

 そんな松本が静かに熱くなったのは「自分の音楽は普遍で普通である」と語ったとき。今は普通の音楽がない、作り手が極端なものを求めすぎている、多くの人は普通の音楽を聴きたいはずなのに、と現代の音楽に疑問を投げかける。松本の代表作のひとつ、松田聖子の『赤いスイートピー』についても、同じだと語り、「煙草の匂いのシャツに~」という歌詞に、古舘が「煙草ということで、これは喫煙率の高い昔のもので、今はこういうことは少ないですよね?」と聞くと、「実はこれも普遍なのですよ」と笑顔で答えた松本。普通の女の子が抱く幻を、どう表現してきたのか、「松本隆ワールド」とも言えるその存在感には注目だ。『トーキングフルーツ』は本日深夜24時35分より放送。
《KT》

関連ニュース

page top