アキラ100%、ドローンを使った技披露にスタジオがハラハラ | RBB TODAY

アキラ100%、ドローンを使った技披露にスタジオがハラハラ

エンタメ その他
アキラ100%(撮影:non)
  • アキラ100%(撮影:non)
 27日に放送されたお笑い番組『ネタパレ』(フジテレビ系)にアキラ100%が出演。ドローンで大事な部分を隠す衝撃芸に挑戦した。

 彼がこの日テーマに据えたのは「秋の大運動会」。最後の種目としてチャレンジしたのが「ドローン徒競走」。股間を隠せるくらいの大きい紙を取りつけたドローンを自ら操縦させながら、舞台の端から端まで歩いていくというもの。大事な「お盆」は数メートル先のテーブルに置いてあり、ドローンが少しでも股間の位置からズレるとバッチリ見えてしまう。

 この「ドローン裸芸」のルーツと言われているのが、ある大手通販サイトのプロモーションビデオ。華麗に舞う男女2人のバレエダンサーの大事な部分を、ドローンが絶妙な動きで隠すというもので、2年前の公開時に大反響を呼んだ。

 その「衝撃裸芸」に挑んだアキラ。練習のときは一度も成功していないと言うだけあり、なかなか自分のアソコにドローンが来ず、ドローンが動くたびに右往左往。しかし「危ない、危ない」と言いながらも、数メートル先のゴールに到着。お盆を手にすると、大きな歓声がわいた。

 それを見ていた陣内智則は「ギリギリやったんじゃない?」、南原清隆も「今まで一番ドキドキした」と興奮していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top