金八先生、上戸彩をえこひいきしていた!? | RBB TODAY

金八先生、上戸彩をえこひいきしていた!?

エンタメ その他

武田鉄矢
  • 武田鉄矢
 俳優の武田鉄矢が22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演。32年間にわたりシリーズで放送されたドラマ『3年B組金八先生』(TBS)の裏話を明かした。

 番組では、「実は『3年B組金八先生』の生徒役だった意外な有名人ランキング」を紹介。平愛梨や浅野忠信、高畑充希など名だたる芸能人の名前にスタジオは大盛り上がりし、性同一性障害の問題を抱える生徒の役を演じた女優、上戸彩の話題に。武田いわく「上戸はね、役が役だったからね。可哀想でね」「一番同情したのがね、男の子とケンカすんだけど、演出家が厳しくて本チャンでビンタ入れろよって言うんですよ」と、役柄とはいえ演技では男子生徒との本気の殴り合いを要求されていたのだという。

 そのため「べったんべったん殴り合うんです。二人とも腫れあがってるんですよね」「でオッケー出た後に、泣いてましたけど」と上戸の痛々しい姿に、武田はひどく同情したのだと明かし、その話にスタジオからは「ほぉーー」と驚きの声が。

 しかしながら「その時に、この子はモニターに移る顔からして別格だなって」「大変申し訳ないですけど、えこひいきしてましたね」とその時の演技を見てからというもの、実は上戸のことをえこひいきしていたと告白。

 「『お前だけ休んでていい』とか平気で言ってました」と明かした武田に、ヒロミからは思わず「金八先生、結構ダメなところあるね」とツッコミが入ることとなった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top