羽生結弦、フィギュアGP惜しくも2位「ひとつひとつステップアップしていくしかない」 | RBB TODAY

羽生結弦、フィギュアGP惜しくも2位「ひとつひとつステップアップしていくしかない」

エンタメ スポーツ

羽生結弦選手【写真:田中】
  • 羽生結弦選手【写真:田中】
 21日に行われたフィギュアスケートGP(グランプリ)・ロシア大会で、羽生結弦がアメリカのネイサン・チェンに破れ惜しくも2位となり、大会5連覇を逃す結果となった。

 羽生はこの日のフリープログラムでは、映画「陰陽師」の曲「SEIMEI」にのせ、難易度の高い4回転ルッツを冒頭から決めてみせるなど快調な滑りを見せ、195.92点で首位。しかし前日に行われたショートプログラムとの合計は290.77点となり、293.79点をマークしたアメリカのネイサン・チェンが優勝となった。

 大会後、松岡修造のインタビューにこたえた羽生は、「挑戦はしに来ましたが、結果としてミスになってしまっている」と羽生らしいストイックさで演技を振り返り、「まだまだ練習が足りないなと思う」とプロらしい厳しい言葉を続けた。

 また、「ひとつひとつステップアップしていくしか無いなと思ってますし、過去のこととかあまり比較する気はないんですけど、いつもよりは前進しているなという感覚はある」と、松岡に励まされながら前向きな言葉も口にしたが、自分の演技については「まだいっぱいいっぱい」と、自身が望む演技内容ではまだ無いことに「悔しい思いがある」と心中も。「悔しい思いと収穫があったのと、両方ともあったので、まだまだこれから更に成長していけると思ってます」と頷いた羽生。最後は「やっぱりスポーツなんで楽しみながらやっていきたいと思います」と笑顔で言葉を結んだ。

■注目記事
・【フォトレポート】羽生結弦選手、母親から言われた感動的な言葉とは
・男子フィギュア・羽生結弦、土屋太鳳と松井愛莉に囲まれ照れ笑い
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top