柄本佑、久松郁実が初共演!バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』 | RBB TODAY

柄本佑、久松郁実が初共演!バトルSFドラマ『ROAD TO EDEN』

エンタメ 映画・ドラマ

久松郁実【撮影:竹内みちまろ】
  • 久松郁実【撮影:竹内みちまろ】
  • 柄本佑と久松郁実【撮影:竹内みちまろ】
  • 久松郁実【撮影:竹内みちまろ】
  • 柄本佑と久松郁実【撮影:竹内みちまろ】
  • 柄本佑と久松郁実【撮影:竹内みちまろ】
  • 柄本佑【撮影:竹内みちまろ】
  • 柄本佑【撮影:竹内みちまろ】
 俳優の柄本佑とモデルで女優の久松郁実が20日、都内にて開催されたFOD連続ドラマ『ROAD TO EDEN』完成披露試写会に出席した。

 同作は荒廃した惑星での戦いを壮大なスケールで描いたバトルSFドラマ(10月26日より配信開始)。久松はアクションシーンに初挑戦したといい、練習はしたものの劇中で武器として使用する槍を扱いきれずに苦労したエピソードを紹介した。「色々な方に助けて頂いて、何とかできたのではないかなと思います」と初挑戦となったアクションシーンを振り返った。

 質疑応答では、作品内容にちなんで、「自分にとってのエデン(=楽園)のような場所はどこ?」との質問が飛んだ。柄本は「もともと映画も好きなので映画館の暗闇は僕にとっては楽園かもしれません。空気感と、知らない人たちが集まって1時間なり、2時間なりの映画を一緒に共有するという、他人同士が真っ暗闇で覗き見るということがちょっと危険であり、色っぽい場所ですよね。すごく憧れる場所です」と言葉に。久松は、トークの中でハワイを舞台に続編を撮りたいと共演者たちで盛り上がったエピソードが紹介されたのを受けて、「やはり、楽園はハワイだと思います」と声を弾ませた。

 柄本と久松は本格的な共演は今回が初めてとのこと。お互いの印象を尋ねられると、柄本は、「(久松は)周りが気を遣わないでいられるほど居住まいが非常によいので、それはすごく助かりました」と感謝。柄本は、久松が男性が多い撮影現場で男同士でしゃべっていても自然にその場に居ることができ、同時に緊張感を持った撮影の実現にも貢献していたエピソードを告げ、「本当に居住まいが素敵」と絶賛。久松も、「金門島に行って撮影をしていく中で、(柄本は)すごくしゃべるのですよ。ずっとしゃべっているのです。移動中のバスでもしゃべり、撮影前もギリギリまでしゃべるのです。色々なお話をしてくださり、話し掛けてくださるので、仲良くなれてよかったなと思います。柄本さんが主演だったから、みんなで仲良く撮影ができたのだなと感謝しています」と言葉にした。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top