来年の朝ドラヒロイン・永野芽郁、先輩女優2人に演技相談「下手くそで落ち込む」 | RBB TODAY

来年の朝ドラヒロイン・永野芽郁、先輩女優2人に演技相談「下手くそで落ち込む」

来年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に主演することが決まっている女優・永野芽郁が、15日に放送されたフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜朝7時)で、先輩女優に悩みを打ち明けた。 

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 来年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に主演することが決まっている女優・永野芽郁が、15日に放送されたフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜朝7時)で、先輩女優に悩みを打ち明けた。 

 この日は、映画「ミックス。」で共演している主演・新垣結衣、さらには広末涼子とトークを繰り広げた。

 まだ朝ドラの撮影には入っていない永野だが、周りからしきりに「(撮影に入ったら)大変だ」と言われているうえに、最近はネット上で流れてくる朝ドラの視聴率の結果をつい見てしまうといい、プレッシャーに打ち克つ方法がわからないと語った。

 新垣はそれに対し「自分もどう打破するのかわからない」としながらも、「絶対、現場に入ったら助けてくれる人がいる。その人がいたから、この撮影期間を乗り切れたなって思うことが必ずあると思います」と、過去の作品でも心強い共演者がいたことを明かした。

 だが、「芝居中だけではなく、完成したドラマを見て、演技が下手くそだと思い、落ち込む」と永野が言うと、新垣から「芽郁ちゃん、大丈夫だと思う。話聞いていると強いから」、さらには広末からも「しっかりしている。クリア」と太鼓判を押され、「大丈夫ですかね」とほっとしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top