新垣結衣と瑛太が吉本新喜劇にサプライズ出演!会場は本人たちも驚きの大歓声に | RBB TODAY

新垣結衣と瑛太が吉本新喜劇にサプライズ出演!会場は本人たちも驚きの大歓声に

エンタメ その他
(C)2017『ミックス。』製作委員会
  • (C)2017『ミックス。』製作委員会
  • (C)2017『ミックス。』製作委員会
  • (C)2017『ミックス。』製作委員会
  • (C)2017『ミックス。』製作委員会
  • (C)2017『ミックス。』製作委員会
 10月21日公開の映画『ミックス。』に出演している新垣結衣と瑛太が4日、宣伝キャンペーンの一環として大阪を訪れ、吉本新喜劇の舞台に出演した。

※ほかの場面写真をチェックする

 新垣は演者として舞台に立つのも初、そして新喜劇の舞台にはもちろん初登場となる2人。本番さながらの全員立ち上がっての読み合わせを滞りなく終えた2人は本番が近付くにつれて再び緊張の面持ち。新垣は「緊張します」とコメント、それに対して瑛太は「でも、こんな機会はめったにないから楽しみましょう!」と新垣を激励した。

 そしていよいよ本番、おなじみの新喜劇メンバーが壇上に現れ、700席満席の会場は早くも笑いの渦に。旅館を舞台に酒井藍座長演じる仲居のありえない接客態度が、会場の笑いを誘っていた。そんな仲居が旅館の未来を案じる中で、温泉卓球を提案。設備を充実させるために卓球に詳しい友達がいるということで紹介されて登場したのがなんと新垣結衣と瑛太の2人だった。一瞬静まり返る会場。すぐさま悲鳴にも似た歓声に包まれ会場は大盛り上がり。新喜劇メンバーが観客に「静かに!」と言わないと舞台が進行しないほどの大歓声に登壇者たちも驚いていた。

 その後、2人は新喜劇メンバーと掛け合いを繰り広げた。卓球の実力を見せて欲しいと酒井が新垣と瑛太に卓球ラケットを持ってくると瑛太は「ボールがないですやん!」と、本読みではなかったなぜかカタコトの関西弁を披露。会場が爆笑に包まれる中、すかさず新垣が「ボールここにありますやん!」と関西弁で酒井の肩を叩くとさらなる笑いに。酒井もノリツッコミで鉄板ネタ「そうそう私が卓球のボールだけど、ラケットがこんな大きくないとね……て、私人間ですねん」と新垣の顔の目の前まで詰め寄り、またしても会場は笑いに包まれた。その後もボケとツッコミの応酬は続き、しばらくするとしらじらしく酒井が「二人は映画に出るん?!」と言ったところで新垣結衣と瑛太が映画を宣伝。新垣が「10月21日公開の『ミックス。』是非見てください!」というと会場からは割れんばかりの拍手が。酒井からも同様に客席に呼びかけ、2人の紹介があらためてあったのち出番は終了となった。

 出番を終えた新垣は「一瞬でしたがとても楽しかったです」と感想を述べ、「お客さんが喜んでくれて本当によかったなと思います。酒井藍座長と、めだか師匠たちと本番前に本読みをしたのですが、優しく受け入れていただいてサポートしてくださいました」と座長と師匠への感謝をコメント。また、本番でカタコトの関西弁が出てしまった瑛太はそのことについて触れ「つい舞い上がってしまって、台本に書かれていないアドリブ(関西弁)が出てしまい、それで笑いがとれてよかったです。その喜びを噛みしめています」と満足げに話していた。

 映画『ミックス。』は10月21日全国公開だ。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top