実写を凌ぐ!? 映画『ブレードランナー 2049』の本編映像が公開! | RBB TODAY

実写を凌ぐ!? 映画『ブレードランナー 2049』の本編映像が公開!

エンタメ 映画・ドラマ

実写を凌ぐ!? 映画『ブレードランナー 2049』の本編映像が公開!
  • 実写を凌ぐ!? 映画『ブレードランナー 2049』の本編映像が公開!
 公開後35年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』の続編として、映画『ブレードランナー 2049』が10月27日に全国公開となる。その前奏となるエピソードをアニメーション監督の渡辺信一郎氏が描くことが決定していたが、このほど同アニメのコンセプトアートや本編映像が解禁された。

 公開されたアニメの舞台となるのは、デッカードが恋人の女性レプリカントと共に姿を消してから3年後の2022年の世界。前作の舞台である2019年から2049年にいたるまでの“空白の30年間”で、重要な鍵を握る“大停電(ブラックアウト)のエピソード”が語られている。

 重厚で近未来的な“ブレードランナー”の世界観がそのままに描かれたアニメは、その圧倒的なビジュアルが印象的。さらに、渡辺監督が、「アニメ版を制作するにあたり気を付けたのは、『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」と語っていたように、前作『ブレードランナー』にも登場したパン・アメリカン航空のロゴマークや、 知る人ぞ知る “強力わかもと”を彷彿させるような和服姿の女性が映る電子広告もしっかりと確認できるなど、ディテール一つ一つも見逃せない、映画ファン、アニメファン、“ブレラン”ファン納得のコンセプトに仕上がっているようにみえる。

 謎に包まれた男性イギーと美少女トリクシー、そして2人のレプリカントが登場する映像。そんな中、レプリカントであるはずのトリクシーからの、「私たち人間になれるの?」という、“ブレードランナー”の根本を覆す発言にも注目だ。さらに驚くべきことは、軍から逃げ出したレプリカントとして登場するサッパー(デイヴ・バウティスタ)が映し出されている点。どうやら彼は、映画の中で明かされる“衝撃の事実”に関わる一人であると予想される。彼らが起こした“人間になるための”大停電が、映画の中で描かれる“人間とレプリカント”にどんな意味をもたらすのか?そして明かされる“衝撃の事実”にどんな繋がりがあるのか?映画『ブレードランナー 2049』は、10月27日全国ロードショー。

《Tsujimura》

関連ニュース

page top