【新iPhoneがすぐわかる!緊急Q&A】各キャリアの旧iPhone下取り額は? | RBB TODAY

【新iPhoneがすぐわかる!緊急Q&A】各キャリアの旧iPhone下取り額は?

IT・デジタル モバイル

(C)GettyImages
  • (C)GettyImages
  • ソフトバンクの下取り額(9月19日以降)の一部
  • auの下取り額(9月22日以降)の一部
  • ドコモの下取り額(9月22日以降)の一部
  • (C)GettyImages
 大手キャリア3社であるNTTドコモ(以下、ドコモ)、ソフトバンク、auは、22日より「iPhone 8/8 Plus」の販売を開始する。同商品を購入する際、旧機種の下取りプログラムを利用するユーザーは多いだろうが、どのような下取り額が提示されているのだろうか。

 各社、自社Webページ上で旧iPhoneの下取り額を提示しているが、まず注意すべきポイントとして、iPhone 8/8 Plusの発売日である22日より前と以降で、下取り額が異なってくる。各社は22日以降、旧端末の下取り額を減額する(※ソフトバンクのみ19日以降に減額)ので、留意しておきたい。以下、22日以降に各社が提示している「iPhone 6s」(2015年発売)の下取り額を一例として示しておく。なお、各社とも端末のストレージ容量による下取り額の差はない。

◆ドコモ
・良品:26,568円
・画面割れ品:8,000円
(いずれも「dポイント」の還元)

◆au
17,280円(「WALLETポイント」の還元)

◆ソフトバンク
12,480円(520円×24回)または4,800円分のプリペイドチャージ

 各社、下取り額にややバラつきがあるが、良品であればドコモが一番下取り額が高く、auはドコモの「良品」と「画面割れ品」の平均額程度を採用。ソフトバンクは、ドコモとauが即時ポイント等で還元する中、主に毎月の割引を採用するなど条件面で良くない。

 また、SIMフリー版を販売するAppleでも各端末の下取りを行っている。おそらく、同社でも22日以降に下取り額を減額することが予想され、現状の段階式がそのまま採用された場合、iPhone 6sは最大13,000円(※本稿執筆時点における提示額は最大23,500円)の割引になると考えられる。iPhone 8/8 Plusの購入を検討している方は、各キャリアの実質負担額とあわせて考えたいところだ。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top