バナナマン日村、裸芸に新たな可能性感じる | RBB TODAY

バナナマン日村、裸芸に新たな可能性感じる

23日放送の「『日村がゆく#18』~裸芸の新しい夜明けを見つけるの巻~」(AbemaTV)の中で、バナナマンの日村勇紀が「俺、裸芸はすごく好き」と明かす一幕があった。

エンタメ その他
バナナマン・日村勇紀【撮影:田中】
  • バナナマン・日村勇紀【撮影:田中】
 23日放送の「『日村がゆく#18』~裸芸の新しい夜明けを見つけるの巻~」(AbemaTV)の中で、バナナマンの日村勇紀が「俺、裸芸はすごく好き」と明かす一幕があった。

 同日の放送ではゲストに裸芸人のウエスP、ヒッキー北風、天狗、ギャルズ蓮見戦艦。、くまりえを迎え、日村応援隊の人形“おまつ”と「裸芸」をテーマに、バラエティに活かせるネタを発掘。番組冒頭でおまつが「今バラエティを作る上でのコンプライアンスと言えば、今年一番話題になったのがアキラ100%さんですよね。でも、日村さんも裸芸の人じゃないですか?」と尋ねると、日村はすかさず「俺、裸芸の人ではないよ。裸芸の人ではないけど、相当脱いでるよ。ここ(日村がゆく)ですごい脱ぐよ!」と話し、笑いを誘った。

 続けておまつが今回のテーマは「裸芸」と発表し、「色々調べたら裸になるって昔から面白いとされてきているんです」と話すと、日村は「もちろんそうだよ。世界どこでもうけると思うよ」と同意見の様子。おまつが「そのため、今日はテレビで裸とは、どこまで出していいのかを掘り下げましょう」と提案すると、日村は「今日は面白いところを追求するね」と笑いながらコメントをした。

 さらにおまつから「日村さんに新たなる裸芸を持っている新世代の裸芸人を見て欲しい」と言われると、日村は「新たなる裸芸!?すげぇ楽しみだよ。俺すごく好きだからね、裸芸は」とやや興奮した様子に。まず初めに、芸歴11年の裸パフォーマー・ウエスPが登場し、危険なテーブルクロス引きという“裸で横になり下半身に布をかぶせ、その上にティーカップを乗せて布を引き抜く”パフォーマンスを披露。その危険な芸に日村は爆笑し、「危ない!ウエスP!」と叫びながら満足そうに拍手していた。続いておまつから「プチブレイクから2年!帰ってきたパンツ芸!ヒッキー北風さんです」と次の裸芸人を紹介されると、日村も「あー、ヒッキー!」と思い出したように、ヒッキーの登場を喜んだ。複数枚履いているパンツを脱いでいくネタを見せ終わると、日村は「もう有名人だよ、ヒッキーはね!最高だよ」とコメントし、ヒッキーは「覚えててくださって、ありがとうございます!」と嬉しそうにしていた。そして、日村が「まだパンツあるよね?」とまだ脱いでいないパンツに気が付くと、ヒッキーは「そうなんですよ。実はですね、私、裸芸に行き詰まりを感じまして、2年間福島県の朝の情報番組の司会をやってまして。洋服を着てやってたんですけど、やっぱり裸の方がいいなと思って、東京に戻ってきました」と告白し、新しいネタがあると残りのパンツで新ネタを披露した。日村は途中からノリノリでヒッキーのネタに参加し、パワーアップしたパンツ芸に新たなる裸芸の可能性を感じていた。
《KT》

関連ニュース

page top