芦名星「全力でイヤなやつ に思われたらいいなと」……『セシルのもくろみ』に出演! | RBB TODAY

芦名星「全力でイヤなやつ に思われたらいいなと」……『セシルのもくろみ』に出演!

エンタメ 映画・ドラマ

(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 木曜劇場『セシルのもくろみ』(フジテレビ系列、毎週木曜午後10時~10時54分)で、後半のストーリーをより盛り上げていくキーマンとなる "強気な専属モデル役" に女優の芦名星が決定した。

 19歳からモデルとして活動する芦名は、世界5ヵ国の合作映画『シルク』(2007年)で日本人のヒロイン役を務めたほか、『たとえ世界が終わっても』(2007年)では映画初主演。『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(2016年7月期)では、猟奇的かつミステリアスな主人公の因縁の相手を演じて注目を集めた。

 そんな芦名が今回演じるのは、ドラマ内に登場する女性ファッション誌「ヴァニティ」が新たに契約した専属モデルとして、主人公・宮地奈央(真木よう子)と対立することになるモデル・手島レイナ。それぞれの "もくろみ" を秘めた真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子らに加わり、複雑に交錯していく後半のストーリーをかき乱していく役どころとなる。

 自身もモデル経験者ということもあり、そのスタイルを生かしながら、いかに主人公の新たなライバルモデル役を演じきるかに注目だ。同ドラマへの出演が決まった芦名は、「 "中途半端にイヤなやつ" ではなく、"全力でイヤなやつ" に思われたらいいなと思って演じています。視聴者の方々に "頑張れ!奈央!" ってなってもらえるように、良い意味で嫌われる役を演じきりたいです」と意気込みを語っている。ドラマ『セシルのもくろみ』は毎週木曜午後10時からフジテレビ系列にて放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top